すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓、Sushi。すべての鮨好きに送るブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを開始。江戸前鮨では「シャリの美味しさ」と「仕事との調和」を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 51 大心堂雷おこし@御徒町

f:id:edomae-sushi:20180120095745j:plain

さる鮨店のご主人からお勧め頂いた雷おこし【古代(こだい)】。

「他とは違うから食べてみてよ」との談でしたが、頂いてまさにその通りでした。

正直なところ、一般的な雷おこしには残念な印象がつきまとっておりましたが、

こちらを頂き、綺麗サッパリ偏見を払拭!

f:id:edomae-sushi:20180120095744j:plain

こちらの大心堂さんは創業1897年(明治30年)のお店。

御徒町にあり、中々立派な外観のビルに入っております。

f:id:edomae-sushi:20180120095746j:plain

【古代】が生み出されたのは1964年(昭和39年)と約50年前。

当時の店主が「おこしの原点、究極の味を追求したい」と

研究の末に編み出されたそうです。

使用するお米、落花生の質を追求し、

砂糖と水飴の温度、からめ具合、圧し延ばす按配などを1年研究し続けたとの事。

半世紀経って今でも、その研究の成果を美味しく体感させて頂けるおこしです。

f:id:edomae-sushi:20180120095747j:plain

お米に対して落花生は結構強めに主張を行いつつ、バランスが絶妙。

そして、おこしをコーティングする水飴も程良い量。

サクッ!カリッ!と弾ける食感、落花生の強い風味が後を引き、

こちらの最大の特長となっております。

そして、お米の風味の余韻も格別です。

f:id:edomae-sushi:20180120095748j:plain

白砂糖と水飴を用いたもの以外に、黒砂糖を用いたものもあります。

黒砂糖の方が強い甘みと風味で、白い方はアッサリと上品。

好みによると思いますが、個人的には白が好きです。


大袋を開封すると速攻でシケていくので、要注意です!

 

店名:大心堂雷おこし(たいしんどうかみなりおこし)

予算の目安:簡易包装 2枚入227 円(税込)〜

最寄駅:新御徒町駅から170m

TEL:03-3832-0005

住所:東京都台東区台東4-28-2

営業時間:8:30~18:00

定休日:日曜(11月最終日曜、12月の日曜は営業)

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ