すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 102 みよし亭@関(岐阜県)

前に関を訪れた際は、しげ吉さんに伺いました。

ただ、行列が半端ないので、今回は狙っていたこちらに。

f:id:edomae-sushi:20171015154539j:plain
お店に近づくと煙がもうもうと漂い、

テンションが上がるのはしげ吉さん同様。

平日12時過ぎで、ほぼ待ち無しで入れるのは非常に嬉しいです。

 

この度頂いたものは【うな丼特上】2,600円。

特上でも2千円台と言うのは、このご時世にありがたいところ。

f:id:edomae-sushi:20171015154536j:plain

関のうな丼のヴィジュアルは嬉しくなりますね。

明らかにご飯が進みそうなフォルム。

いざ頂いてみると炭の香りが非常に香ばしく、

皮がパリパリなのは関ならでは。

特にこちらは「香ばしさ」が特徴的で、身にはタレを含ませております。

噛み締めるとじゅわっとタレが溢れ出ます。

そして、味付けも濃厚。

身に含んだタレが濃いため、ご飯には少なめに掛けられており、

バランスを取られている事が分かります。

ただ、個人的には流石に濃厚過ぎる気がしました。

身に含ませる量はもう少し控え目でもよろしいような…

追加のタレを掛けているお客さんもいましたが、

近くから「もう少し薄口でも良いよね」と言う声が聞かれました。

ご飯は硬すぎず、鰻に馴染んで美味しかったです。

f:id:edomae-sushi:20171015154537j:plain

肝吸いは出汁と塩がかなりしっかりしており、

肝は炙ったものを使用されております。

f:id:edomae-sushi:20171015154538j:plain

卓上の山椒は香り、痺れともに良し。

ただ、香の物が「黄色い沢庵」なのは残念なところ。

 

何よりも、関で並ばずにこのクオリティの鰻丼を頂ける点が魅力だと感じました。

 

店名:みよし亭(みよしてい)

予算の目安:鰻重(特上)4,000円、(上)3,300円、(並)2,600円、肝吸い300円

最寄駅:関駅から1,400m

TEL:0575-23-0777

住所:岐阜県関市西本郷通7-11-7

営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00

定休日:木曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ