読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ No. 171 いち伍@千歳烏山

店鋪情報 千歳烏山 東京都

2015年の8月に初めてお伺いしたこちら。

もっと早めに再訪したいと思っていたのですが、

何だかんだで1年以上が過ぎてしまいました。

今回の訪問は晩秋…もしくは初冬。

初雪が降り、異常に冷え込む晩に訪問しました。

 

結論から申し上げますと、

やはりこちらのお店は都内屈指のコストパフォーマンスです。

確かな江戸前仕事を満喫出来て、お腹一杯頂けのに、リーズナブル。

鮨種は何でもかんでも超一流である必要はありません。

これぞ鮨の醍醐味!と感じさせてくれる、非常に貴重なお店だと再認識しました。

鮨店に「仕事」と「握り」を求める方には、申し分無くオススメします。

こちらのシャリを改めて頂いたところ、赤酢のコントロールに秀でており、

米一粒一粒に旨味がコーティングされており、酸味も良い塩梅だと感じました。

f:id:edomae-sushi:20161202052733j:plain

また、甘みが無く、シャープな酸味でありながら辛味を抑えたガリも美味しいです。

f:id:edomae-sushi:20161202052749j:plain

この度頂いた日本酒。

春鹿・超辛口純米、日高見・弥助。

f:id:edomae-sushi:20161202052748j:plain

先付

昆布〆した真鯛に赤海胆を添えた品。

鯛は皮も残し、旨味を活かす。

気取りの無い、良きスターター。

f:id:edomae-sushi:20161202052732j:plain

アカイカ

甘~く、トロトロ。

包丁の入れ方が良い。

f:id:edomae-sushi:20161202052745j:plain

真鯛

佐島産。軽く塩を振り旨味が凝縮されている。

f:id:edomae-sushi:20161202052743j:plain

小甘鯛

昆布〆。じっくりと〆ており、ねっとりと旨味が滲み、

昆布の強めの旨味が補強する。

f:id:edomae-sushi:20161202052738j:plain

なんと、11月下旬に壱岐の定置網に掛かった鰹。

濃厚な甘みと力強い余韻に舌鼓を打つ!

鰹の香りも実に優雅。

薬味の量も良い塩梅で、鰹の輪郭をハッキリと際立てる。

仕事もさる事ながら、親方の目利きにも感服した一貫。

f:id:edomae-sushi:20161202052750j:plain

鮪赤身

産地は大間。

しっかり目の漬け加減で、強い鉄の香りや酸味と良いバランス。

f:id:edomae-sushi:20161202052752j:plain

鮪中トロ

酸味と脂の強い旨味を楽しめ、やはり鮪は中トロだと再認識。

こちらのシャリとの相性も極めて高い。

f:id:edomae-sushi:20161202052751j:plain

鮪大トロ寄りの中トロ

前の中トロよりも甘みが強く、違った喜びを抱く。

鮨店での食べ比べは大好きです。

f:id:edomae-sushi:20161202052744j:plain

小鰭

熊本との事だったので、天草辺りでしょうか。

しっかりと〆つつ、しっとりした食感を提示する仕事。

酢は強めに浸透させており、香りと甘みが活きている。

f:id:edomae-sushi:20161202052747j:plain

赤貝

赤貝の王者・閖上産。

少し小ぶりだが、昆布的な風味、キメ細かい旨味の粒子は流石!

閖上の赤貝は他の産地のモノとは大きく異なる。

f:id:edomae-sushi:20161202052736j:plain

海松貝

香りがしっかりあり、シャリとの相性が抜群。

貝の旨味と軽い苦味にシャリの酸味が混ざる。

f:id:edomae-sushi:20161202052735j:plain

牡蠣

厚岸産。かなりじっくりと漬け込み、ねっちりとした食感、

ミルキーな口溶けを楽しませてくれる。

軽く使用された酢橘の量も上品で良い。

f:id:edomae-sushi:20161202052746j:plain

針魚

塩を降り、旨味を凝縮し、ぷりぷりした食感。

甘みが強く、良い仕事。

f:id:edomae-sushi:20161202052734j:plain

大阪湾。これも〆の仕事が効いており、甘みと余韻が素晴らしい。

f:id:edomae-sushi:20161202052741j:plain

しっとりした〆加減で、余韻として甘みが残る。

f:id:edomae-sushi:20161202052737j:plain

海胆軍艦

ひたすら甘く、ミョウバンの収斂味は非常に少ない。

f:id:edomae-sushi:20161202052740j:plain

穴子

子安産。柔らかくフカフカだが、柔らか過ぎない。

f:id:edomae-sushi:20161202052753j:plain

鰹出汁を強く利かせ、椀種のツブ貝の苦味と旨味が心地良い。

f:id:edomae-sushi:20161202052739j:plain

玉子

しっとり、みっちりしており、味わい深い。

大和芋、芝海老に加えて鱧も使用しているとの事。

鱧入りの玉子は上品な味わいとなる。

f:id:edomae-sushi:20161202052742j:plain

栗の渋皮煮

黒糖と三温糖を用いた渋皮煮。

栗の粒子が滑らかかつ細やかで、サラッと最後に頂ける。

 

軽い先付に16貫+玉子、腕、水菓子を頂いて1万円チョイと言うのは、本当に頭が下がります。

最後に、今回お伺いし、僕のブログの影響で目に見えてお客さんが増えた、と

感謝されてしまいましたが、実直な仕事をお客さんが求められただけの事だと感じました。

 

店名:いち伍(いちご)

シャリの特徴:赤酢を嫌味なく使用し、やや硬めの端正なシャリ。

予算の目安:10,000円~13,000円

最寄駅:千歳烏山駅から470m

TEL:03-3307-5591

住所:東京都世田谷区粕谷4-18-7

営業時間:17:00~21:30

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ