すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 98 廣川@嵐山(京都府)

京都…と言うか関西の鰻店の中でも優先度が高かったお店です。

嵐山に行く事が無かったので中々訪問できませんでしたが、

この度意を決して足を運んでみました。

f:id:edomae-sushi:20170910202923j:plain

行列となることは知っていたので、平日の開店40分前に伺いました。

しかし、なんと開店前で既に3順目との事!

驚愕しつつ店員さんに概算の所要時間を伺ったところ、

「1時間半近く掛かるかも…」との談。

しかし、「11時10分に開ける」と言われ、

更に腰を掛けるベンチがあったので、覚悟して並びました。

お客さんの大半は外国人で、中国人旅行者が6割、韓国人旅行者が3割。

海外のメディアに紹介されると影響が大きいですね。

開店時間の11時半から急激にカオス化したので、訪問は早めが良いかと思います。

結果的に12時10分に着席する事が出来ました。

 

メニューを眺めると、

【うなぎ丼】2,100円に始まり、【うな重】2,900円、【うな重定食】3,900円など。

定食には【鯉の洗い】【うざく】が付くそうです。

折角なので、そちらを頂く事にしました。

そして、プラス100円で【肝吸い】に。

f:id:edomae-sushi:20170910202926j:plain

うな重定食

f:id:edomae-sushi:20170910202928j:plain

鯉の洗い

鯉は癖が無く旨味しっかり。

割と寝かせているのか、身の食感が弱く、ほろりとしていた。

薬味は何故かホースラディッシュ。

f:id:edomae-sushi:20170910202924j:plain

うざく

やや強めの酢だが、良い。

鰻は少ないが名店の実力を予感させるうざく。

f:id:edomae-sushi:20170910202925j:plain

うな重

身はホロホロ、トロトロ、ふわり。

皮は溶け去る。

実に完成度が高い、江戸前の仕上げです。

タレは醤油のキレがあり、甘みは低く、美味。

硬めでパラパラに炊かれたご飯も良い。

上品にまとめられた、秀逸なうな重だと感じました。

(塗り物も流石です)

f:id:edomae-sushi:20170910202927j:plain

肝吸い

鰹の香りがぶわっと広がり、昆布の旨味もじんわりと。

塩分は控え目。

肝はぷるぷる、コリコリ。

多めの三ツ葉に酢橘一片をあしらいつつ、下品に主張してこない。

吸い地が秀逸であり、これは別料金なのが分かる吸いもの。

f:id:edomae-sushi:20170910202929j:plain

香の物も抜かり無く美味しく、名店たる所以を心から体感しました。

ただ、ここまでの行列だと再訪はキツいかな…

 

店名:うなぎ屋 廣川(ひろかわ)

食べるべき料理:江戸前の仕事で仕上げた絶品うな重。

予算の目安:うなぎ丼2,100円、うな重2,900円、うな重定食3,900円

最寄駅:京福電鉄嵐山駅から300m

TEL:075-871-5226

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1

営業時間:11:30~14:30、17:00~20:00

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ