読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 75 かいだ屋@ごめん町(高知県)

高知でNo. 1の人気を誇る鰻店。

タイミングが悪ければ1時間半以上の待ちとなると聞いていたので、

予約の上、さらに開店5分前にお伺いしました。

それでも5組目の入店だったのには驚きました。

みんな、気合いが入っております(笑)

f:id:edomae-sushi:20170417201721j:plain

随分とカジュアルな看板

f:id:edomae-sushi:20170417201722j:plain

謎の単葉機

 

鰻は定食、丼、重とありますが、東京人なのでここは重にしました。

鰻1本入りの【うな重】2,600円を。

3分の2サイズの2,100円からあり、東京の価格からするとリーズナブルです。

そして、オーダーの際に「ご飯は大盛り無料です」と伺ったので、

「ごく気持ち程度増やしてください」とお伝えしました。

これが全ての間違いと知らずに…笑

 

焼き上がりまでゆったりと待ち、20分後に配膳されました。

鰻店では、待ち時間が長いと安心しますね。

キチッとオーダーごとに捌き、焼いているのが分かります。

f:id:edomae-sushi:20170417201723j:plain

届いた【うな重】は重でありながら蓋がついていないところに目が行くも、

それ以上に、重にみっちり詰められたご飯の量に度肝を抜かれました。

学生の時に定食屋で頂いたご飯の盛りに等しい。

恐らく一合以上あります。

気合を入れて箸を握り、いざ頂きます。

鰻はかなりカリッと焼き上げつつ、中は程よくジューシーです。

焼く過程で滲んだ脂によって「揚げ」に近い状態に仕上げられており、

更に甘めのタレがたっぷりと染みこまされております。

正に大盛りご飯を食べるための味付け。

ただ、「甘め」と言いつつ、重たい甘みではないので、

味わい的には思いの外さっぱりと頂けます。

ご飯的には苦しいバランスですが。

f:id:edomae-sushi:20170417201724j:plain

肝吸

 

こちらで一番印象深かったのは、実は鰻よりも山椒。

f:id:edomae-sushi:20170417201725j:plain

鮮烈な緑色を放ち、芳醇で爽快な香りに、キリッとした辛味。

聞けば、仁淀川の名産との事でした。

13gの小瓶で650円と非常に高価なものでしたが、買って帰った次第です。

 

ちなみに、こちらの鰻は宮崎の養殖もの。

四万十川か仁淀川の天然ものに出会いたい方は、

事前にお電話で相談された方がよろしいかと思います。

 

店名:かいだ屋

予算の目安:2,100円〜

最寄駅:なし、車がベター

TEL:088-865-3740

住所:高知県南国市浜改田1330-3

営業時間:火~金11:00~14:30、16:30~19:00、土・日・祝11:00~19:00

定休日:月曜、第1・3火曜、丑の日

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ