すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

大分県

すしログ和菓子編 No. 56 後藤製菓@臼杵(大分県)

結構「渋い」イメージがあると思われる生姜煎餅。 生姜が強すぎたり、甘すぎたりと、 好みを分ける味わいのものが一般的であるように感じます。 故に、クラシカルで渋いイメージを持たれがちなのではないでしょうか? 石仏で有名な大分県、臼杵。 こちらには…

すしログ日本料理編 No. 128 やまさ旅館@安心院(大分県)

こちらは大分県安心院(あじむ)で1920年(大正9年)から続くスッポン専門店です。 初代は、大正時代の食通・木下謙次郎の勧めにより専門店を開業されました。 木下謙次郎は自著『美味求真』の中で、 「あにこれ鼈の高産地としての総ての条件を完備させる理想の…

すしログ日本料理編 No. 126 喜楽庵@臼杵(大分県)

大分県・臼杵(うすき)の名物と言えば、石仏と河豚。 目の前に広がる豊後水道は関アジ、関サバで名を馳せますが、 臼杵湾の河豚は昔から多くの食通を魅了してきました。 現地には河豚の専門店が幾つも見られ、 東京ではglobeのKEIKOさんの実家である、山田屋…

すしログ和菓子編 No. 22 但馬屋老舗@豊後竹田(大分県)

1185年(文治元年)に築城されて以来、1871年(明治4年)の廃城令まで、圧倒的な威容を誇った岡城(豊後竹田城)。今なお残る石垣は雄々しく、優雅で頼もしい山城です。 作曲家・瀧廉太郎は幼少期に竹田で過ごし、 その記憶が「荒城の月」に反映されております。 …

すしログ No. 168 月の木@大分市(大分県)

大分では非常に珍しい、江戸前仕事を用いた鮨店です。 大分は九州でも特に生の魚を貴ぶ傾向にあると感じますので、 鮮度の高い生魚に仕事を施し、赤酢のシャリと合わせるご主人は、 結構な異端児だと思われているのではないでしょうか(もちろん良い意味で!)…