すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

店鋪情報

すしログ No. 217 鮨おとわ@こどもの国(神奈川県)

神奈川で大好きなおとわさん。 ミシュランの星を獲得される前からお伺いしておりますが、 今回は時間が空き、実に2年ぶりの訪問となりました。 かつて伺った際はシャリを大きく変えられており、 正直なところ面喰ってしまいました。 しかし、現在は元のシャ…

すしログ日本料理編 No. 112 昔のきりたんぽや@大館(秋田県)

秋田名物と言えば、きりたんぽ! 東京で頂いた際、それなりに美味しいものの、「何か違う」と感じておりました。 突き詰めて考えると、原因はお米部分の美味しさなのではないか?と思った次第です。 米どころの秋田の名物料理でありながら、お米の風味が弱い…

すしログ No. 216 鮨処やまだ@銀座

今回は少し時間が空いてしまいましたが、晩秋に訪問しました。 感想としては、シャリもタネもバシッと決まっており、 改めて魅力を体感した次第です。 こちらのシャリはかなり硬めに炊いており、 しかも温度帯をタネに調整して出されるため、 訪問のタイミン…

すしログ No. 215 鮨福原@梶が谷(神奈川県)

こちらは川崎市高津区・梶が谷にある鮨店です。 コストパフォーマンスが高いランチ鮨を頂けると聞いて、 長らくお伺いしたかったのですが、自身の活動範囲から大きく逸れている為、 中々伺えずにおりました。 店内は住宅街の鮨店としては片肘張らずに寛げる…

すしログ日本料理編 No. 111 訪辺歩来@大山(鳥取県)

大山鶏で有名な鳥取県・大山(だいせん)にあるマニアックなお店です。 マニアックたる所以は店名からも何となく察せられる筈(笑) 「唐変木」を文字ったであろう事は明白… 変わり種の蕎麦に加えて、ご主人もまた相当のマニアです(笑) そんなご主人は自ら山に入…

すしログ和菓子編 No. 47 武藤杏花園@高山(岐阜県)

日本の観光地の中でも早くからインバウンド需要に対応し、 欧米人を中心に人気を博す街、高山。 日本人からしても少し行きにくい場所にありますが、 街は外国人旅行者で賑わっております。 そんな高山で、和菓子好きならば訪問必須な名店がこちら武藤杏花園…

すしログ No. 214 ほかけ@東銀座

こちらは戦前に三田で創業された老舗鮨店です。 初代が1937年(昭和12年)に創業し、 銀座に移転したのは戦後の1948年(昭和23年)。 現在は三代目で御年81歳となる矢﨑桂親方が50年以上暖簾を守っておられます。 前のお店は大変な風情があったそうですが、 現在…

すしログ日本料理編 No. 109 縄屋@京丹後(京都府)

前回の2016年10月以来、1年ぶりの訪問となりました。 こちらは訪問する度に好きになるので、毎回記事を書いてしまいます(笑) 近場にあれば、もっと訪問したいお店… 今や東京の日本料理店の多くは価格が高騰し、 高級食材、果てはキャヴィアやトリュフを用い…

すしログ No. 213 すし佐竹@築地

前回お昼に伺って感銘を覚えた佐竹さん。 夜の営業も気になったので、日を空けずに再訪しました。 殊に、夜も握りのみのコースがあると聞いていたので。 酒肴付きのおまかせのみのお店が多いところ、 握りのコースが有るという点は嬉しい限りです(12貫12,000…

すしログ和菓子編 No. 46 茶寮宝泉@下鴨(京都府)

京都ならびに全国でも【わらび餅】で名を馳せる、こちらのお店。 母体は1952年に創業された宝泉堂さんとなり、 京都では歴史が浅いものの、一般的には老舗と言える和菓子店です。 お店は京都屈指の高級住宅地である下鴨にあり、 閑静な土地で中庭を眺めなが…

すしログ No. 212 金寿司@札幌(北海道)

こちらは札幌中心街から少し離れた サッポロビール博物館(苗穂 or バスセンター前)の近くにある老舗です。 創業は1934年(昭和9年)と、札幌では断トツの歴史。 (知名度では最高峰であろう、すし善さんが1971年となります) 店内は昔の風情を残しており、お客同…

すしログ No. 211 鮨みなと@旭川(北海道)

近年、札幌は鮨店のレベルアップが目覚ましく、 全国トップクラスの「鮨の街」だと感じるところです。 東京を除くと、福岡と双璧を成す鮨大国です。 しかし、旭川となると!? 旭川と言えばどうしてもラーメンのイメージが強いのではないでしょうか? 僕も旭…

すしログ No. 210 鮨菜和喜智@札幌(北海道)

約2年ぶりの訪問となった和喜智さん。 入り口を入ると、バカラの水晶招き猫が! 銀座の鈴木さんにも鎮座する招き猫ですね。 相変わらず、店内には良い香りと穏やかな空気が流れております。 再訪して感じた点は、 よりアグレッシヴなストーリー性(タネの構成…

すしログ No. 209 伊勢鮨@小樽(北海道)

「寿司の街」と呼ばれる、北海道・小樽。 全体的に昔ながらの街場の「寿司店」が多いと感じますが、 こちらの伊勢鮨さんは江戸前の仕事を採り入れておられ、 「鮨店」と言えるクオリティで楽しませてくれます。 こちらは北海道産の素材に江戸前仕事を施す、…

すしログ日本料理編 No. 107 心根@枚方(大阪府)

こちらは大阪は枚方にある日本料理のお店です。 ただ、枚方と言ってもひらパーや関西医大のある枚方市駅界隈ではなく、 「氷室台」と言う住宅街の一番奥にあり、意外性が高い立地です。 枚方市駅から8~9km離れており、お店の裏手には裏山があり素敵です。 …

すしログ日本料理編 No. 106 天麩羅なかがわ@築地

何回かお伺いしているなかがわさん。 この度、松茸を求めて訪問しました。 2017年は松茸(キノコ全般)が全国的な不作で、 仕入れは運次第との事でしたが、無事に仕入れて頂けました。 しかも、岩手県・宮古産の上物。 穴子もそうですが、中川さんは天麩羅の技…

すしログ日本料理編 No. 105 太月@表参道

こちらは東こちらは東京の日本料理店の中でも、 特に若い方からの人気が高いお店です。 お店は青山はAOビルの後ろにあり、立地からしてお洒落。 外観はコンクリート打ちっ放しのビルで、内装もスタイリッシュです。 ご主人の望月英雄さんは2017年で38歳を迎…

すしログ和菓子編 No. 45 亀屋清永@祇園(京都府)

こちらは老舗が多い京都の中でも、屈指の歴史を誇る和菓子屋さんです。 超変態的な和菓子にもかかわらず結構昔から好きなので、 ブログに書くのが遅すぎたくらい。 創業は1617年(元和3年)に遡り、歴史のみならず格式の高さも群を抜きます。 かつて徳川幕府は…

すしログ日本料理編 No. 104 木山@丸太町(京都府)

こちらは2017年4月25日にオープンして以来、 京都のみならず東京のグルメな方々の間でも人気が高まっているお店です。 ご主人の木山義朗さんは名門・和久傳に長らく勤められた手練。 若くして京都和久傳(伊勢丹の店舗)の料理長になった聞き、 寡黙で厳しい方…

すしログ日本料理編 No. 103 わらじや@東山(京都府)

こちらは1624年(寛永元年)創業と言う、京都でも古い歴史を持つ老舗です。 変わった店名の由来は、戦国の世に豊臣秀吉が此処でわらじを脱いだと言うもの。 本当かどうか分かりませんが、その歴史と近くに豊国神社がある事を考えると、 もしかすると本当かも……

すしログ日本料理編 No. 102 みよし亭@関(岐阜県)

前に関を訪れた際は、しげ吉さんに伺いました。 ただ、行列が半端ないので、今回は狙っていたこちらに。 お店に近づくと煙がもうもうと漂い、 テンションが上がるのはしげ吉さん同様。 平日12時過ぎで、ほぼ待ち無しで入れるのは非常に嬉しいです。 この度頂…

すしログ No. 207 鮨おくやま@目白

僕は東京の鮨店を定期的にリサーチしておりますが、 3年前に見つけて以来、長らくお伺いしたかったのがこちら。 副都心線の雑司が谷駅から少し歩いた場所にあり、鮨店の立地としてはマニアック。 外観から「食わせる店」の雰囲気を発しており、内装は虚飾が…

すしログ日本料理編 No. 100 角正@高山(岐阜県)

こちらは岐阜高山で200年ほどの歴史を持つ料亭です。 建物、庭ともに江戸時代から続く市指定の文化財で、 格式を感じさせる入り口の先に広大な中庭が広がっております。 足を踏み込んだ後に広がる光景には息を呑みます! そして、得意とする料理は精進料理。…

すしログ No. 206 Sushi Ichizu(鮨いちづ)@バンコク(タイ王国)

こちらはバンコクに2017年8月にオープンした鮨店です。 親方・戸田陸さんは東京の名店・蛎殻町すぎたさんで 二番手を務めておられた期待の若手職人。 バンコクの前はジャカルタで握られていたそうです。 若くして海外で活躍されている江戸前鮨の職人さんに出…

すしログ No. 205 日本橋蠣殻町すぎた@水天宮前

今までブレを感じた事が無く、 大振りでありながら端正な印象、上品な印象を与える秀逸な握り。 今回はお昼の訪問でしたので、いつもより更に握り中心で頂きました。 酒肴で頂いたのは一品のみで、鰯の海苔巻きとなります。 実は今回の訪問の約2週間後に、 …

すしログ日本料理編 No. 99 佳肴岡もと@東山(京都府)

こちらは広島の野趣拓さんでお伺いして訪問したかったお店です。 清水寺に程近い、清水五条の辺りにあり、主張し過ぎぬ暖簾と外観が好印象です。 店内に入ると、モダン且つカジュアルなカウンターがあり、 間取りが広いので、非常に落ち着けます。 しかも、…

すしログ和菓子編 No. 44 老松@嵐山(京都府)

京都には夏らしい和菓子が色々ありますが、 こちらの【夏柑糖】もその一つ。 戦後に主流となった甘夏ではなく、 日本原産種の夏蜜柑を契約農家に作ってもらっているそう。 4月から8月が販売期間ですが、その年の出来高によって変化。 僕は8月下旬に伺いまし…

すしログ日本料理編 No. 95 晴山@三田(東京都)

2011年に31歳の若さでお店をオープンされて以来、 多くの人に愛される山本晴彦氏のお店です。 自分の周りでこちらのお店を悪く言う人はいない程。 特にランチのコースは極めて満足度が高く、 予約困難となっているようです。 現在は5,800円のコース一本とな…

すしログ No. 202 鮨裕@茅ヶ崎(神奈川県)

今回で3回目の訪問となる鮨裕さん。 いつもながらにストレートな江戸前の握りを楽しませて頂きました。 改めて、正統派の江戸前鮨が初めての方にはオススメしたいお店だと感じました。 ランチの3,500円のお決まりは破格です! 今回は地モノのタネが少なかっ…

すしログ日本料理編 No. 94 まき村@大森

前に2月にお伺いした際、夏の食材を頂こうと友人が予約してくれました。 この度再訪したところ、前回よりも食材、料理の存在感が強く感じられ、 個人的な好みにも合致する内容でした。 コース料理を出すお店は、 一回訪問しただけでは決して分からない事を再…