読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 60 鳥新@長浜(滋賀県)

東本願寺派別院大通寺 長浜の冬の名物である【鴨鍋】。 中でも、こちらは創業を1834年(天保5年)まで遡る老舗中の老舗です。 その味わいは食通、文化人を惹きつけ、稀代の食通・北大路魯山人も通ったそう。 ↑かなり面白い各先生方のコメント(お店パンフレット…

すしログ日本料理編 No. 48 山映@城山(鹿児島県)

こちらは1933年に開業された鹿児島らしい料理を頂ける割烹です。 開業当時の屋号は「サンヱー」と称し、 「料理」「酒」「サービス」の三つともが 「ヱー(良い)」との思いを込めて付けられたそうです。 初代・新村勝納氏はかつて兵庫・大阪に存在した一流料…

すしログ No. 166 とり松@京丹後(京都府)

こちらは京丹後で創業80年を超える日本料理店。 中でも郷土寿司の【ばらずし】が有名なお店のようです。 京丹後の【ばらずし】は郷土料理として有名で、 秋祭りや早苗饗(さなぶり、田植え終えた際のお祝い)などの祝日に供されてきました。 「まつぶた」と呼…

すしログ日本料理編 No. 39 朱欒@(長崎県)

この度、長崎を訪問して、一番の収穫だったのがコチラ。 長崎の郷土料理を供されるお店です。 ちゃんぽんの食べ比べもして、県外では得られない魅力を痛感しましたが、 こちらは味わいのみならず、独特の雰囲気も魅力的でした。 骨董品を配置した店内は趣深…

すしログ日本料理編 No. 26 美栄@旭橋(沖縄県)

こちらは琉球王朝宮廷料理の老舗であり、沖縄で最高峰に位置付けられるお店です。 創業は1957年ですが、こちらのお店もやはり、 「琉球料理を復興」することからスタートしました。 薩摩藩による搾取、明治維新による廃藩置県、大戦後のアメリカ軍政によって…

すしログ日本料理編 No. 25 潭亭@儀保(沖縄県)

こちらは那覇の全景を見渡せる「虎頭山」にある、八重山料理のお店です。 目の前には首里城が鎮座し、かつて「虎頭山」と言えば、 「虎山松濤」と呼ばれ、「首里八景」に数えられた景勝地であったそうです。 駅から離れており、車で伺っても細い坂道を上らね…

すしログ日本料理編 No. 24 郷土料理の琉音@旭橋(沖縄県)

こちらは数々の食通の方から愛され、沖縄随一とも言われた、 「琉球料理乃山本彩香」を引き継ぐお店です。 本記事を書くにあたり、山本彩香さんの事を調べたところ、 琉球料理史のみならず戦後史として大変興味深いエピソードを見つけたので、 ご紹介させて…

すしログ日本料理編 No. 20 割烹旅館二葉@小川町(埼玉県)

歴史ある建物が現存する山間の街、小川町。 こちらの街には二大名物料理があります。 即ち、割烹旅館福助(1855年創業)さんの【女郎うなぎ】と、 割烹旅館二葉(1748年創業)さんの【忠七めし】。 この度ご紹介するのは、後者の【忠七めし】です。 【忠七めし】…

すしログ日本料理編 No. 15 柳家@瑞浪(岐阜県)

郷土料理のお店としては異例とも言えるほどに全国的に有名なお店ですね。 岐阜県の山奥にありつつ、確か数年間、食べログで全国1位に君臨しておりましたが、 伺って女将さんからお話を聞くと、実は創業70年を誇る老舗との事で驚きました。 夏は鮎と鰻を供し…

すしログ日本料理編 No. 13 蕎麦の隠れ家 吉笑楽@上伊那(長野県)

こちらは信州は上伊那郡の中川村にある蕎麦懐石のお店です。 なお、中川村は「日本でもっとも美しい村」連合に加盟しております。 「段丘と里山のある景観」が村の特徴との事ですが、 こちら吉笑楽も坂の途中にある古民家がお店となっており、 囲炉裏を囲ん…

すしログ日本料理編 No. 3 民宿ふらっと@能登町(石川県)

こちらのお店…と言うか旅館はイタリア料理なので、 当ブログにアップするのは、少々悩みました。 しかし、宿の背景にストーリーがあり、料理の根底には郷土料理が存在するため、 取り上げることに致しました。 こちらは元々は、「さんなみ」という郷土料理を…

すしログ日本料理編 No. 1 しげや旅館@真庭(岡山県)

こちらは、岡山県真庭という中国山地のど真ん中にある、料理旅館。 山の幸を使った料理が県内外のお客さんから好評であったため、 現在旅館業は営んでおらず、料理に専念されておられるようです。 外観は一般的な旅館然としており、内装も凝ったところはあり…

すしログ No. 109 徳山鮓@余呉(滋賀県)

6月に訪問したこちら、ラッキーにも約3ヶ月後に再訪するチャンスがやって来ました。 ここは近県にあれば毎月伺いたいとまで思いましたので、実に嬉しい。 メニューの内容は前回とほぼ同じ。 しかし、鰻や鮎の味の変化が分かったり、琵琶鱒が登場したりと、 …

すしログ No. 75 徳山鮓@余呉(滋賀県)

妙味必淡…店内に掲げられた言葉には、 箸を進めることによって頷くこととなります。 こちらのお店は滋賀県の外れにあり、 予想以上に奥まった場所にあります。 余呉湖を回りこんで到着した先には、 重厚ながらに穏やかな雰囲気も併せ持つ建物が待っており、 …

すしログ No. 63 驚くべき高知の寿司文化(高知県)

高知県の郷土料理と言えば、何を思い浮かべますか? 間違いなく9割くらいの方が、鰹のタタキを思い浮かべるのではないでしょうか? 実際、現地に行くと何処もかしこも鰹のタタキを推しており、目を瞠るものがあります。 しかし、僕を驚かせたのは、高知に寿…

すしログ No. 62 松山鮓と愛媛の郷土料理について(愛媛県)

愛媛県・松山地方には、お祝い事やお客さんをもてなす時に、 「ちらし寿司」を作って歓待する文化があるそうです。 かの文豪・夏目漱石も、正岡子規の家を初めて訪れた時に、 子規から松山鮓(もぶり鮓)でおもてなしを受けました。 見た目は単なる「ちらし寿…