読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 33 たちばな@銀座

こちらは銀座で創業から100年を超える、かりんとう専門店です。 1909年(明治42年)の創業以来、銀座の店舗のみで販売されております。 東京には「かりんとう御三家」と呼ばれるお店がありますが、 実店舗のみで販売しているのは、たちばなさんだけ。 百貨店へ…

すしログ No. 176 銀座 鮨 わたなべ@銀座

2016年で一番伺った鮨店である、銀座わたなべさん。 師走の最終週に鮨食べ納めでお伺いました。 そして、渡部親方の仕事の魅力と共に、江戸前の魅力を再認識。 僕は地方で頂く事も多いですが、東京で頂く江戸前仕事、 特に「古典」を把握された親方の握りは…

すしログ日本料理編 No. 61 銀座しのはら@銀座

2016年10月に滋賀から東京に移転したしのはらさん。 滋賀時代から全国の食通を唸らせてきたお店の東京進出であるため、 移転前から食べ歩き好き達の間で話題を集めておりました。 僕は滋賀時代に予約を試みつつも2回振られていた為(笑)、 僕も折を見て伺いた…

すしログ No. 173 智映@銀座

こちらは前々から気になっていた日本料理店です。 世間一般の人気や知名度とは裏腹に玄人筋の評判が良く、 料理写真を見ても期待を持てるため、 銀座の中でも特に楽しみにしておりました。 ご主人は女性で、自ら釣りもされる方。 今回は常連さんで大混雑だっ…

すしログ No. 153 青空@銀座

個人的に日本屈指の米酢のシャリだと考える、こちら青空さん。 4年以上前に伺って以来、二度訪問しましたが、 予約が取りにくくなり、予算的に更に上になったと言う噂を聞いて、 かなり長い間訪問しておりませんでした。 いわば、思い出の中に生きる鮨店にな…

すしログ No. 146 銀座 鮨 わたなべ@銀座

2016年2月に訪問して以来、ハマっている粋な鮨店。 4月に再訪しましたが、5月もまた訪問しました。 こちらは再訪する度にシャリが美味しく感じます。 当初感じた柔らかさはイレギュラーだったのか、 二回目、三回目と全くアラを感じなくなりました。 そして…

すしログ No. 138 銀座 鮨 わたなべ@銀座

前回、大きな満足感を抱いたわたなべさん。 ただ、残念な事に海の都合で小鰭とマカジキが無かったため、 この度リベンジすべく再訪しました(笑) この度の結果としては、大勝利! 小鰭に至っては、幾つか食べ比べをさせて頂き、 〆て漬けて2日目のもの、1日目…

すしログ No. 136 すし処ととや@東銀座【2016年11月に閉店】

昨年11月に訪問した、ととやさん。 記憶に残る印象的な仕事とシャリでしたのでこの度再訪しました。 前回の記事 再訪した感想としては、個性的な仕事の輝きは変わらず、 特に小鰭、鮪赤身の出汁漬け、玉子については絶品だと改めて感じました。 また、シャリ…

すしログ No. 133 銀座 鮨 わたなべ@銀座

こちらは伝統的な江戸前仕事を独自の解釈で進化させておられる、 渡部佳文親方のお店です。 渡部親方は湯島に在る「一心」で修業され、 その折に「握りの神様」と呼ばれた加藤博章氏に師事されました。 加藤博章氏は、1866年創業の弁天山美家古の流れを汲む…

すしログ No. 125 鮨あらい@銀座

こちらは2015年10月下旬にオープンされた気鋭の新店です。 ご主人、新井氏は若干33歳で、久兵衛とすし匠で15年間も修業されたそう。 そして、「すし匠」では中澤親方に次ぐ2番手として握ってこられたと言う凄腕。 それでいて、こちらは酒肴と握りを交互に出…

すしログ No. 117 すし処ととや@東銀座【2016年11月に閉店】

こちらは東銀座で一際風情ある佇まいの、小体な鮨店です。 外観だけでなく店内も昭和初期の鮨店のように渋く落ち着く雰囲気で、 一人カウンターに座り、冷酒を片手に握りを食うのが粋なお店。 再訪レビューもあります。 ご主人が繰り出される鮨も雰囲気に違…

すしログ No. 76 鮨 とかみ@銀座

こちらは新橋にほど近い、銀座八丁目のビルの地下にあるお店です。 信頼する鮨友達のみならず、グルメな方が手放しで絶賛されているため、 兼ねてからの課題店でした。 この度、一ヶ月以上前に予約してお伺いしました。 お店はいかにも銀座的なクラブビルに…

すしログ No. 29  新富寿し@銀座

こちらは大正時代から現存する老舗の鮨店。 池波正太郎が幼少から晩年まで通い続けたという逸話があるそうです。 お店の外観は当世風のお洒落さや高級感はありませんが、銀座の一角では寧ろ個性を放っております。暖簾のくたびれ加減に屋台の名残を感じ、鮨…

すしログ No. 13 すきやばし次郎@銀座

恐らく、今や日本…いや、世界で一番有名な鮨屋なのではないでしょうか。しかも、ここ10数年の間で一気に知名度が上がった印象です。やはり、ミシュラン三ッ星やドキュメンタリー映画化の影響はとてつもないです。 過去数回予約を試みましたが、敢えなく敗退……