すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 217 鮨おとわ@こどもの国(神奈川県)

神奈川で大好きなおとわさん。 ミシュランの星を獲得される前からお伺いしておりますが、 今回は時間が空き、実に2年ぶりの訪問となりました。 かつて伺った際はシャリを大きく変えられており、 正直なところ面喰ってしまいました。 しかし、現在は元のシャ…

すしログ No. 216 鮨処やまだ@銀座

今回は少し時間が空いてしまいましたが、晩秋に訪問しました。 感想としては、シャリもタネもバシッと決まっており、 改めて魅力を体感した次第です。 こちらのシャリはかなり硬めに炊いており、 しかも温度帯をタネに調整して出されるため、 訪問のタイミン…

すしログ No. 215 鮨福原@梶が谷(神奈川県)

こちらは川崎市高津区・梶が谷にある鮨店です。 コストパフォーマンスが高いランチ鮨を頂けると聞いて、 長らくお伺いしたかったのですが、自身の活動範囲から大きく逸れている為、 中々伺えずにおりました。 店内は住宅街の鮨店としては片肘張らずに寛げる…

すしログ No. 214 ほかけ@東銀座

こちらは戦前に三田で創業された老舗鮨店です。 初代が1937年(昭和12年)に創業し、 銀座に移転したのは戦後の1948年(昭和23年)。 現在は三代目で御年81歳となる矢﨑桂親方が50年以上暖簾を守っておられます。 前のお店は大変な風情があったそうですが、 現在…

すしログ No. 213 すし佐竹@築地

前回お昼に伺って感銘を覚えた佐竹さん。 夜の営業も気になったので、日を空けずに再訪しました。 殊に、夜も握りのみのコースがあると聞いていたので。 酒肴付きのおまかせのみのお店が多いところ、 握りのコースが有るという点は嬉しい限りです(12貫12,000…

すしログ No. 212 金寿司@札幌(北海道)

こちらは札幌中心街から少し離れた サッポロビール博物館(苗穂 or バスセンター前)の近くにある老舗です。 創業は1934年(昭和9年)と、札幌では断トツの歴史。 (知名度では最高峰であろう、すし善さんが1971年となります) 店内は昔の風情を残しており、お客同…

すしログ No. 211 鮨みなと@旭川(北海道)

近年、札幌は鮨店のレベルアップが目覚ましく、 全国トップクラスの「鮨の街」だと感じるところです。 東京を除くと、福岡と双璧を成す鮨大国です。 しかし、旭川となると!? 旭川と言えばどうしてもラーメンのイメージが強いのではないでしょうか? 僕も旭…

すしログ No. 210 鮨菜和喜智@札幌(北海道)

約2年ぶりの訪問となった和喜智さん。 入り口を入ると、バカラの水晶招き猫が! 銀座の鈴木さんにも鎮座する招き猫ですね。 相変わらず、店内には良い香りと穏やかな空気が流れております。 再訪して感じた点は、 よりアグレッシヴなストーリー性(タネの構成…

すしログ No. 209 伊勢鮨@小樽(北海道)

「寿司の街」と呼ばれる、北海道・小樽。 全体的に昔ながらの街場の「寿司店」が多いと感じますが、 こちらの伊勢鮨さんは江戸前の仕事を採り入れておられ、 「鮨店」と言えるクオリティで楽しませてくれます。 こちらは北海道産の素材に江戸前仕事を施す、…

すしログ No. 207 鮨おくやま@目白

僕は東京の鮨店を定期的にリサーチしておりますが、 3年前に見つけて以来、長らくお伺いしたかったのがこちら。 副都心線の雑司が谷駅から少し歩いた場所にあり、鮨店の立地としてはマニアック。 外観から「食わせる店」の雰囲気を発しており、内装は虚飾が…

すしログ No. 206 Sushi Ichizu(鮨いちづ)@バンコク(タイ王国)

こちらはバンコクに2017年8月にオープンした鮨店です。 親方・戸田陸さんは東京の名店・蛎殻町すぎたさんで 二番手を務めておられた期待の若手職人。 バンコクの前はジャカルタで握られていたそうです。 若くして海外で活躍されている江戸前鮨の職人さんに出…

すしログ No. 205 日本橋蠣殻町すぎた@水天宮前

今までブレを感じた事が無く、 大振りでありながら端正な印象、上品な印象を与える秀逸な握り。 今回はお昼の訪問でしたので、いつもより更に握り中心で頂きました。 酒肴で頂いたのは一品のみで、鰯の海苔巻きとなります。 実は今回の訪問の約2週間後に、 …

すしログ No. 202 鮨裕@茅ヶ崎(神奈川県)

今回で3回目の訪問となる鮨裕さん。 いつもながらにストレートな江戸前の握りを楽しませて頂きました。 改めて、正統派の江戸前鮨が初めての方にはオススメしたいお店だと感じました。 ランチの3,500円のお決まりは破格です! 今回は地モノのタネが少なかっ…

すしログ No. 201 鮨舳@高松市(香川県)

過去に何回か伺い、西日本の若手職人さんだと有数の腕を持つと思うお店です。 この度、初めて7月に訪問しました。 訪問当初は食べログで3.5ほどだったので、 ここのところのスコア高騰には驚くばかり。 また、敢え無く写真撮影不可になってしまいましたが、 …

すしログ No. 200 鮨処やまだ@銀座(東京都)

実はここ2ヶ月の間に3回訪問しました(笑) なので、この度はハイライトでお送りしたいと思います。 前回の記事↓ 下記、タネの後に☆を付けたものを、後ほど詳述致します。 この度は、イトウ、アカメと「幻の魚」を頂く機会に預かりました! 【6月訪問時のタネ…

すしログ No. 199 鮨尚充@中目黒(東京都)

かつて雑誌『dancyu』の若手鮨職人特集で拝見し、伺いたかったお店です。 しかし、「芸能人がお忍びで来る」と聞いており、 硬派な自分は中々足を運べずにおりました(笑) この度、友人のありがたいお誘いがあり、訪問が叶った次第です。 店内は予想外に渋い…

すしログ No. 198 鮨さかい@中洲川端(福岡県)

昨年訪問して深い感動を覚えたさかいさん。 その後、お店を移転されたと聞き、楽しみに再訪しました。 お店は前よりも広くなり、キリッと爽やかな空気が漂い、心地良いです。 天井高もあるため、かつての「洞窟感」は無くなり、開放感がアップしました。 再…

すしログ No. 197 一心鮨光洋@宮崎(宮崎県)

こちらは宮崎で絶大な人気を誇る鮨店です。 ファンは宮崎県に留まらず県外の方も多いようで、 訪問の際にも他県の方が複数おられました。 お店はカウンター正面に長い窓があり、庭が見えて開放的。 カウンターはゆったり12席、他は2テーブル…と思いきや、 建…

すしログ No. 196 寿しひでたか@札幌(北海道)

鮨好きの方からオススメがあり、札幌でお伺いしたかったお店の一つ。 親方は北海道が誇る「蝦夷前」の名店・すし善ご出身。 すし善は多くの職人さんを育てておられ、出身の職人さんは全国に散らばっているようです。 僕が伺った中では、魚津の大門さんが印象…

すしログ No. 194 日本橋蠣殻町すぎた@水天宮前

昨年12月以来の訪問となります。 ただ、前回の訪問後に予約を試みるも、全く電話が繋がりませんでした(笑) お誘いくださる友人たちに心から感謝!! この度は酒肴少な目、握りを中心に頂き、都合15貫。 小鰭や鯖などの〆の仕事が光るのはいつもながら。 東京…

すしログ No. 192 心白@白金高輪

こちらに初めて伺ったのは、オープンから3ヶ月弱経った2015年2月。 初回で感銘を覚えたため、その数か月後に貸切で楽しませて頂き、 特に鮎の調理には特筆すべきものを感じました。 再訪したいと思いつつ、人気が非常に高まったため、 暫く訪問出来ずにおり…

すしログ No. 191 鮨千陽@福島(大阪府)

こちらは2016年に食業界でちょっとした話題になったお店です。 料理学校である「料理人大学」でたった3ヶ月修行した職人が、 お店を開いて11ヶ月でミシュランに掲載された…と報道された次第です。 ミシュランと言っても星ではなく、単にビブグルマンであり、…

すしログ No. 190 鮨処やまだ@銀座

ここのところ毎月お伺いしているやまださん。 この度、鮨好きの友人たちとともに貸し切りで楽しませて頂きました。 結論から言うと、足を繰り返し運んでも感動は色褪せず、 むしろ毎月進化されているようで驚嘆を覚えます。 こちらの鮨の特徴は過去記事に譲…

すしログ No. 189 初音鮨@蒲田

丁度8ヶ月ぶりの訪問となりました。 前回訪問の後、友人たちから(昨年秋の時点で)既に2017年の予約が一杯になったと聞き、驚嘆を覚えたものです。 それと同時に、お値段が更に上がっているとも聞き、今回は正直なところ戦々恐々の訪問となりました。 しかし…

すしログ No. 188 與兵衛@西大島

こちらに前回お伺いしたのは2014年9月(ブログへの投稿は2015年2月ですが)。 2年6か月ぶりの訪問となりましたが、印象は色褪せず、 寧ろ様々なお店を巡ってから訪問する事で、個性を一層強く感じる事が出来ました。 こちらは矢張り唯一無二の魅力を持つお店で…

すしログ No. 186 鮨処やまだ@銀座

初回訪問より約1ヶ月後に再訪しました。 再訪した感想、印象は前回と変わらず高レヴェル! 握りのみで構成し、個性的であるにもかかわらず 感動が色褪せないと言うのは素晴らしい限りです。 毎回異なるタネの流れ=ストーリーという点も、魅力を高める装置か…

すしログ No. 185 松野寿司@椎名町

当ブログを読んで頂いている方の中には、 ブログで取り上げるお店について、 「街場の寿司店に行かないのは何故だろう?」と 思われている方がいらっしゃるのではないでしょうか? これに対する個人的な理由は主に4点で、1. 江戸前鮨とは「仕事」に妙があり…

すしログ No. 184 しみづ@新橋

1年少々開けての再訪です。 この度は昔からの常連さんと共にお伺いして、 親方のお任せで頂きました。 前回はこちらの赤酢のシャリについて、 「酢の尖った酸味や香りは無い」と感じましたが、 今回は酢が結構しっかりめで、粒も硬めに仕上げておられました…

すしログ No. 183 近松@薬院(福岡県)

こちらは福岡県で絶大な人気を誇る鮨店です。 完全紹介制と言うハードルの高いお店となり、 その上、10月に翌年の予約が埋まってしまう程の人気との事。 ただ、その人気の理由は、昔ながらの常連さんに支えられているから。 昔から値上げを行っておられず、…

すしログ No. 180 菊鮨@大野城(福岡県)

こちらは福岡県のみならず、九州各地の鮨職人からオススメされたお店です。 特に、鹿児島ののむらさん、熊本の仙八さんなど、 個性派職人さんからオススメされた以上、いつか行かねば!と思っておりました。 お店は福岡市ではなく隣の大野城市にあり、博多駅…