すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

すしログ日本料理編 No. 130 ひみつくじら@根津

こちらは巷では今のところ「知る人ぞ知る」お店ですが、 下手な予約困難店をも凌ぐ魅力を持つお店です。 全国区で戦える、こちらの最大の武器はクジラ。 クジラ料理は大阪のどおぞのさんや、長崎で頂いた事があり、 どちらかと言うと西日本の方が強い食材だ…

すしログ日本料理編 No. 129 野趣拓@土橋(広島県)

夏に訪問して好印象であったコチラ。 この度、ハンターの友人が自ら狩ったキジを持ち込み、 キジを取り入れたコースを頂けるとの事で、楽しみに訪問しました。 基本的に僕は再現性の低い特別コースはあまり書かないようにしておりますが、 こちらでは他の野…

すしログ No. 222 鮨処ひと志@広島市(広島県)

こちらは広島で高い評価を得ている鮨店です。 広島の江戸前鮨と言えば、超高級店である吉鮨さんが頭に浮かびます。 しかし、絶対数としてはお隣の岡山の方が多い印象なので、 こちらには長らくお伺いしてみたいと考えておりました。 お店は並木通りを抜けて…

すしログ日本料理編 No. 128 やまさ旅館@安心院(大分県)

こちらは大分県安心院(あじむ)で1920年(大正9年)から続くスッポン専門店です。 初代は、大正時代の食通・木下謙次郎の勧めにより専門店を開業されました。 木下謙次郎は自著『美味求真』の中で、 「あにこれ鼈の高産地としての総ての条件を完備させる理想の…

すしログ日本料理編 No. 127 新明石@(大阪府)

こちらは大阪で90年続く、河豚料理を得意とする割烹です。 ミナミに移られたのは1930年(昭和5年)との事。 ビルの一番奥にありますが、河豚料理店がひしめき合う大阪において、 「知る人ぞ知る名店」として多くのファンに支えられている模様です。 今回、僕は…

すしログ日本料理編 No. 126 喜楽庵@臼杵(大分県)

大分県・臼杵(うすき)の名物と言えば、石仏と河豚。 目の前に広がる豊後水道は関アジ、関サバで名を馳せますが、 臼杵湾の河豚は昔から多くの食通を魅了してきました。 現地には河豚の専門店が幾つも見られ、 東京ではglobeのKEIKOさんの実家である、山田屋…

すしログ和菓子編 No. 55 つちや@大垣(岐阜県)

岐阜県・大垣にあり、宝暦5年(1755年)創業と言う圧巻の歴史を持つ和菓子屋さんです。 こちらが凄い点は歴史と伝統を誇るにも関わらず モダンで創作的な和菓子も作られている点。 寒天製のお菓子である【みずのいろ】は誰の目をも惹く、美しい意匠です。 しか…

すしログ No. 221 鮨猪股@川口(埼玉県)

鮨の達人からのオススメがあり、かねてより訪問したかったお店。 鮨不毛地帯・埼玉県の川口に在って、今や全国から人を惹き付けておられます。 この度お伺いしたところ、実際にかなり行き辛い立地だと感じましたが(笑)、 逆にそれが良いのではないかと感じま…

すしログ日本料理編 No. 125 比良山荘@(滋賀県)

小浜から大原経由で京都へと続く、鯖街道。 朽木谷のあたりは独特の食文化、郷土料理が残っているエリアですが、 界隈で突出した知名度を誇っているお店は、間違い無くこちらでしょう。 世間的に超有名になったのはここ数年内のように思いますが、 実は1959…

すしログ日本料理編 No. 124 湖里庵@マキノ(滋賀県)

夏にお伺いした湖里庵さん。 この度、冬限定の名物鍋料理を求めて、再訪しました。 こちらの鍋は超個性派。 流石、鮒鮓を得意とする専門店だけあり、 なんと!鮒鮓を出汁に使った鍋を頂けるとの事。 何て変態的な(笑) しかも、鍋の名前は貫禄溢れる【醍醐鍋(…

すしログ日本料理編 No. 123 鳥新@長浜(滋賀県)

かつて訪問した際は、鴨の解禁にほんの少しだけ早く、 敢え無く頂けなかった【鴨鍋】。 【鴨鍋】は滋賀県を代表する郷土料理、郷土鍋であり、 昔から特別な日に食されてきました。 お店は琵琶湖周辺に点在しており、 必ずしも長浜の郷土料理と言う訳ではあり…

すしログ和菓子編 No. 53 うさぎや@上野

こちらは1914年(大正3年)創業と言う老舗であり、 現在の形状のどら焼き発祥のお店とされております。 歴史的には、平安時代末期に武蔵坊弁慶が 傷の手当をしてくれた民衆に恩返しとして供したと言う伝説があります。 曰く、小麦粉を水で溶いた生地を熱した銅…

すしログ和菓子編 No. 54 草月@東十条

読者の皆さまは、「東京三大どら焼き」をご存知でしょうか? 上野のうさぎや、浅草の亀十はスラスラ出てくる人でも、 三つめが浮かばないことが多いように感じます。 こちらこそが三大どら焼きのもう一軒であり、 優等生の兎、個性派の亀とは異なる魅力を有…

すしログ和菓子編 No. 52 亀十@浅草

こちらら浅草で押しも押されぬ圧倒的な人気を誇る和菓子店。 昔は並ばずに入手できたのに、今や大行列が常… 混雑っぷりたるや、西のふたばか、東の亀十か、と言った感です。 (お店の佇まいも含めて何となく) この度、年末の夜に通りがかったところ、 全く人…

すしログ No. 220 久いち@浅草

こちらは何かと使い勝手の良い、浅草の優良店です。 親方は久兵衛で長らく握られていたので、江戸前の素地が正に「徹底」されており、 同時に個性的な仕事も開発されているところが魅力です。 更に下町的なホスピタリティも抜群なので、 友人、恋人、家族の…

すしログ和菓子編 No. 51 大心堂雷おこし@御徒町

さる鮨店のご主人からお勧め頂いた雷おこし【古代(こだい)】。 「他とは違うから食べてみてよ」との談でしたが、頂いてまさにその通りでした。 正直なところ、一般的な雷おこしには残念な印象がつきまとっておりましたが、 こちらを頂き、綺麗サッパリ偏見を…

すしログ日本料理編 No. 122 たでの葉@外苑前

六本木で知る人ぞ知るジビエの名店、またぎ。 こちらのご主人はまたぎで修業され、 同じく都心である外苑前にお店を出されました。 オープンは2017年5月15日となりますが、 わずか半年ほどでグイグイと人気がアップ。 東京は話題性の高いお店の脚光の浴び方…

すしログ日本料理編 No. 121 またぎ@六本木

六本木(西麻布)にある穴場のジビエ料理店です。 地方の名店でもジビエを食べている友人のオススメで訪問しました。 よって、もとより期待値が非常に高かったのですが、 訪問してみて空間、味わいともに大満足でした。 お店の中には囲炉裏があり、お客に合わ…

すしログ日本料理編 No. 120 徳山鮓@余呉(滋賀県)

最後の訪問からゆうに2年近く空いてしまった徳山鮓。 大好きなお店ながらに2名以上でなければ予約を取れなくなった事、 テレビ「情熱大陸」に出演されてから人気が沸騰した事が要因です。 全国を食べ歩いていると、こちらに伺いたいと言う料理人の方に多くお…

すしログ日本料理編 No. 119 小川家@下田(静岡県)

こちらは下田で圧倒的な人気を誇る鰻のお店です。 下田と言えば誰しもが黒船とペリーを頭に浮かべるかと思いますが、 立地としては首都圏からは少々行き辛い街。 しかし、先代のご主人は名店・野田岩で修行された経歴を持つため、 首都圏の鰻好きならば訪問…

すしログ日本料理編 No. 118 石ばし@江戸川橋(東京都)

こちらは東京の鰻店の中でもトップクラスの評判を得ているお店です。 1910年(明治43年)に中之橋のたもとで創業し、 大戦で空襲を受け、戦後に江戸川橋へと移転。 建物は戦前の材料を部分的に使用されており、 門のような煉瓦塀はお店の看板となっております…

すしログ日本料理編 No. 117 あつみ@浜松(静岡県)

こちらは浜松市内でブックマークしていた老舗の鰻店です。 創業は何と1907年(明治40年)!浜松と言う事を考えると、かなりの歴史ですね。 早い時間に売り切れる事が多いと聞いておりましたので、予約して訪問しました。 結果的にそれは正しい選択で、 ふらっ…

すしログ日本料理編 No. 116 かんたろう@浜松(静岡県)

こちらは浜松で高い評価を得る鰻店です。 浜松市内だと、あつみさんと共に推す友人複数。 前はあつみさんにお伺いしたので、今回はこちらに伺いました。 尚、先方は江戸前、こちらは関西風の地焼きとなります。 平日の訪問なので大丈夫かとは思いましたが、 …

すしログ日本料理編 No. 115 うなぎ桜家@三島(静岡県)

こちらは三島にある、1856年(安政3年)創業の老舗です。 大好きな京都の御料理はやしさんからオススメ頂き、 伺いたかったお店となります。 かなりの人気店だと聞いており、休日の訪問でしたので、予約の上で訪問しました。 鰻店は一人でも予約を受け付けてく…

すしログ日本料理編 No. 114 横浜野田岩@横浜(神奈川県)

こちらは麻布に店を構える「野田岩」の兄弟店です。 (麻布が長男で、横浜が三男となります) 麻布野田岩は寛政年間(1789年~1801年)に創業された、東京屈指の老舗。 やや余談となりますが、 江戸前の鰻食は1700年代に完成したとされております。 1600年代にも…

すしログ日本料理編 No. 113 鳥栄@湯島

こちらは前々からお伺いしたかった、東京が誇る老舗鶏鍋店です。 創業は1909年(明治42年)まで遡り、看板メニュー一本で勝負されております。 冬は予約のハードルが非常に高いため、中々伺えずにおりました。 この度、嬉しいお誘いを頂き念願の訪問が叶った次…

すしログ和菓子編 No. 50 桔梗屋@能代(秋田県)

こちらは秋田県は能代で、屈指の歴史を誇る和菓子屋さんです。 なんと1592年(文禄元年)に饅頭屋として始まり、 1812年(文化9年)に名物である【翁飴】を考案されました。 【翁飴】は現在も全工程を手造りで行っており、 原料は昔と変えていないそうです。 江…

すしログ No. 219 すし兆@秋田市(秋田県)

こちらもあら田さんと同様に、たつ福さん出身職人さんのお店です。 お店には暖簾が掛けられておらず、隠れ家感が半端無い。 しかも、店内の席は僅か4席! さらに、親方は色黒でタフな印象を受ける益荒男! こう書くとハードルが高いのでは?と思われるかもし…

すしログ No. 218 鮨あら田@新屋(秋田県)

こちらは秋田を代表する鮨店・たつ福さんで修業された親方のお店です。 秋田市内から離れた旧宿場町・新屋(あらや)にあり、 市内から向かう場合は、バスも電車も1時間に1~2本と言う立地! 車で訪問される方が多いのかと思いますが、旅行者の方は事前調査は…

すしログ No. 217 鮨おとわ@こどもの国(神奈川県)

神奈川で大好きなおとわさん。 ミシュランの星を獲得される前からお伺いしておりますが、 今回は時間が空き、実に2年ぶりの訪問となりました。 かつて伺った際はシャリを大きく変えられており、 正直なところ面喰ってしまいました。 しかし、現在は元のシャ…