読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 71 あばらや@千日前(大阪府)

f:id:edomae-sushi:20150614213145j:plain

f:id:edomae-sushi:20150614213146j:plain

怪しげな路地にある、怪しげな名前のお店…

しかし、実はこちらは、1955年創業の隠れたバッテラの名店です。

お店の外観も内装も、何処からどう見ても街場寿司。

情報を聞いていなければ、確実に入っていなかったと思います。

お店に入ってオーダーした後も不安でしたが、お店の方は人情味があり、

すぐに一息つくことが出来ました。

鯖寿司を半分その場で、半分持ち帰りで頼み、ビールを飲みながら待ちます。

 

ちなみに、鯖寿司を指す「バッテラ」とは、ポルトガル語が語源。

「カステラ」と同様にポルトガル語とは意外ですが、

"bateira(バッテイラ)は「小舟」を意味するそうです。

小舟のような寿司。

大阪の方言かと思いきや、形状から名付けられたとは、意表を突かれます。

しかも名付け親は明治期の寿司屋のご主人だったそうですが、

ポルトガル語とは粋ですねえ。

 

さて、こちらのバッテラは、驚くほどに美しい見た目です。

 

f:id:edomae-sushi:20150614213148j:plain

 

小舟というよりも宝船。

白板昆布に透ける木ノ芽がキラキラと光り、食べるのが勿体無くなります。

というのは嘘で、無性に食べたくなり、パクリと頬張ると、味わいも個性的です。

 

f:id:edomae-sushi:20150614213150j:plain

 

鯖は大阪寿司特有の薄切りで、〆加減は比較的浅めです。

しかし、塩をキリッと利かせており、塩気が立っております。

鯖単体で頂くとしょっぱいのでしょうが、そこを甘めの酢飯と、

酢飯の間に仕込まれた鯖おぼろがしっかりと受け止めております。

こちらのバッテラは、この鯖おぼろが実に特徴的です。

酢飯もふんわりと巻いており、軽やかな味わいです。

薬味に使われている木ノ芽だけでなく、胡麻もアクセントとなり、

渾然一体の魅力を創りだしております。

使用している鯖もしっかりした国産の真鯖。

得てしてノルウェーあたりの輸入品を使うお店が多い中、

さりげないこだわりが応援したくなる所以です。

 

一見すると飲み寿司店ですが、

老舗にも負けずとも劣らない鯖寿司を楽しませてくれる名店です。

 

店名:あばらや

予算の目安:2,500円~

最寄り駅:日本橋駅から261m

TEL: 06-6631-0223
住所: 大阪府大阪市中央区難波千日前2-14
営業時間:11:30~14:00、16:00~23:00

定休日:日曜、祝日

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ