すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 57 こい勢@酒田(山形県)

f:id:edomae-sushi:20150517091130j:plain

こちらは山形県北部の漁港・酒田にある寿司店です。

ご主人は寒河江生まれですが、その昔、浅草で修行されたそうで江戸弁を喋られます。

タネはほぼ全て庄内産。

ショップカードに謳われている言葉、

「全ての食材を頑固に厳選しております。寿司こそ、最高の日本料理!」

に痺れます。

 

その心意気の甲斐あって、庄内ならではのタネを、ただ新鮮なだけではない、

仕事を施した握りとして楽しむことが出来ます。

山形市内の名店・いしやま寿司とは異なる魅力を持つお店です。

 

シャリは塩、酢ともに穏やかで、砂糖を用い、粘度も高めですが、

温度が良い塩梅で、地方の鮨としては結構気を遣っておられます。

 

タネの切りつけは荒々しく、無骨ですが、シャリとのバランスは中々です。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091139j:plain

槍烏賊(ヤリイカ)

包丁の数は少なく、とろっとした食感を全面に出す。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091136j:plain

喉黒(ノドグロ)

炙っており香り豊かで、身はとろりとしており、非常に強い旨味。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091132j:plain

ウマヅラハギ

カワハギよりも下に見られ、しかも旬から外れているにもかかわらず、肝がかなり旨い。

ショップカードの言葉通り、仕入れの眼が確かであることを感じさせます。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091133j:plain

ガサエビ

庄内特有のタネで、「エビ」とありますが実は蝦蛄科の甲殻類です。

深海に生息し、水揚げは希少。

身は柔らかく口に溶け、独特の香りを伴う甘みが広がります。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091143j:plain

鮃(ヒラメ)

昆布で〆て、わずかな梅肉を添えている。

グルタミン酸がバッチリ染みこんでおり、梅肉は嫌味なく中々良いです。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091134j:plain

キジハタ

鮃の後にキジハタと言うのが楽しい。異なる香りを楽しめます。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091137j:plain

桜鱒(サクラマス)

旬の最も良いものを仕入れておられる様子。美味。

爽やかな脂と、軽やかな香りです。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091141j:plain

鮪赤身

鮪は銚子産とのこと。中々良い香りです。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091140j:plain

鮪トロ

 

f:id:edomae-sushi:20150517091135j:plain

エゾバフンウニ

ミョウバンの収斂味がやや気になった。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091142j:plain

 

f:id:edomae-sushi:20150517091131j:plain

アラ(アラ属のアラ)

追加。非常に強い旨味とコクに舌鼓を打ちました。

ただ、素晴らしいタネですが、酢橘に加えて山葵を多めに使用しているのが、蛇足に感じました。

 

f:id:edomae-sushi:20150517091138j:plain

煮蛸

追加。濃い味付けで煮た蛸と海苔が、妙に懐かしい味わいです。

 

10貫に高級魚アラと煮蛸を追加して、3,890円。

純粋な江戸前というよりも、漁港の街場寿司的なテイストが加わっておりますが、

こちらではそれが奏功して独自性のある魅力となっておりました。

オススメのお店です。

 

店名:こい勢

シャリの特長:塩、酢ともに控えめで、やや甘みがある。温度が良い。

予算の目安:3,000円〜5,000円

最寄り駅:酒田駅から366m

TEL: 0234-24-1741

住所: 山形県酒田市相生町1-3-25

営業時間:11:00~14:00、16:00~22:00

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ