読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 37 さか井@四条烏丸(京都府)

f:id:edomae-sushi:20150418215719j:plain

こちらは1954年創業の京寿司のお店。

京都には老舗が多いので比較的新しいお店のように感じますが、

よくよく考えると60年近くの歴史を持つお店というのも、十分老舗です。

 

さらに、こちらは京都の台所・錦市場の近くにあります。

お店の歴史と立地を考慮すると、祇園のいづうとは対極とも言えるのではないでしょうか。

 

なお、お店の近くには、伊藤若冲の生家跡が…

f:id:edomae-sushi:20150418215726j:plain

こういう発見は京都の街歩きの醍醐味ですね。

 

さて、こちらの鯖寿司は一般的な鯖寿司とは、大きく異なります。

f:id:edomae-sushi:20150418215727j:plain

こちらの鯖寿司は一般的な鯖寿司とは、大きく異なります。

〆加減が極めて浅く、それでいて鯖にはクセが無い。

さっぱりと鯖を食べさせる仕事。

そして、酢飯に大きな特徴があり、非常にふんわりとしております。

江戸の太巻きの理想は、「向こう側が見えるように巻け」とのことですが、

こちらの棒寿司もまた、酢飯の間に空気を閉じ込めているように感じます。

軽やかで優しい酢飯なので、鯖の旨味を満喫出来ます。


甘さと濃厚な旨味が同居しており、酢と塩がきめ細かく支えている。

実に個性的な鯖寿司だと思います。

 

f:id:edomae-sushi:20150418215728j:plain

一人前は12切れなので一見すると多いように思われるかもしれませんが、

軽やかな味わいに箸が進み、気付けば残り少なく、

名残惜しさを感じてしまうことかと思います。

風情のある小体なお店ですが、

持ち帰りよりも作り立てを頂くのが圧倒的にオススメです。

わずか5席の空間で頂けば、空気感も味となり、

京都の市井で頂く食の喜びを実感できるのではないかと思います。

尚、こちらに限ったことではありませんが、鯖の旬に行くことは必須。

食べ比べをすると、同じお店でも味が違いますので評価が変わってくるかと思います。

 

※一眼レフで撮っていないので、画質が粗くて申し訳ありません。

また、外観については後日撮影したものとなります。

 

店名:さか井
シャリの特長:
ほろっとほどける軽やかな酢飯。甘みを利かせ、酢と塩は控えめ。

予算の目安:2,000円〜3,000円

最寄り駅:阪急烏丸駅から253m、市営四条駅から550m

TEL: 075-231-9240
住所: 京都府京都市中京区高倉通錦小路下ル西魚屋町592
営業時間:11:30〜18:30

定休日:不定休

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ