すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

すしログ No. 219 すし兆@秋田市(秋田県)

こちらもあら田さんと同様に、たつ福さん出身職人さんのお店です。

お店には暖簾が掛けられておらず、隠れ家感が半端無い。

f:id:edomae-sushi:20171216090557j:plain

しかも、店内の席は僅か4席!

さらに、親方は色黒でタフな印象を受ける益荒男!

こう書くとハードルが高いのでは?と思われるかもしれませんが、

変にスパルタンな事も無く、寛いで頂く事が出来ます(笑)

 

親方の握りは速く、手数こそ6~8手ですが、正確に握られます。

シャリは酢も塩もオーソドックスな味付けで、やや硬めに炊かれております。

炊き加減的にも、技術的にもほどけ良いシャリです。

 

使用されるタネのクオリティは高く、お値段を考慮すると非常に良心的。

その上、熟成の仕事も使われるなど、仕事も個性的で魅力があります。

明らかに街場寿司とは異なるのが、頂いてみると明白です。

 

ただ、唯一にして最大、心から残念な点があります。

即ち、山葵が「混ぜ」である点。

これだけの握りを編み出されており、素材にこだわっておられるのに、

何故!?とショックを覚えました。

レビューサイトでは誰一人指摘しておらず、これには驚きました。

そんなに山葵で変わるのか?と思われる方もいるかもしれませんが、

正直なところ、全く別物に変わります。

鮨で山葵に気を払わないと言うのは、正しく画竜点睛を欠く次第。

心から、本山葵を使用される事を祈念します。

折角の仕事が勿体無いので…

 

こちらはお会計がシンプルでお酒付き9,000円と、お酒なし7,000円の2通り。

内容的には15貫、巻物、椀、酒肴1品なので、たっぷりと楽しむ事が出来ます。

f:id:edomae-sushi:20171216090606j:plain

この度頂いた日本酒。

出羽の冨士・特別本醸造、春霞・特別純米山田錦ひやおろし、

まんさくの花・純米大吟醸超限定。

f:id:edomae-sushi:20171216090558j:plain

アカメフグ

神奈川などの関東では「ヒガンフグ」と呼ばれる河豚。

ぶつ切りにしてみぞれ和えに。

虎河豚と比べると圧倒的にマイナーな存在感だが、

きっちりと旨味があり、ホッと安堵する先付。

 

この後、すぐに握りに移行します。良いですね。

f:id:edomae-sushi:20171216090600j:plain

ガリ

甘みが強いクラシカルテイスト。

しかし、食感は柔らかくなくシャキシャキ。

f:id:edomae-sushi:20171216090614j:plain

鮪トロ

1貫目が鮪とは、面白い。

旨味も酸味もあって嬉しいものの、如何せん山葵が…

大変残念である。

f:id:edomae-sushi:20171216090617j:plain

寝かせているようで、旨味しっかり。塩が少々多いかな…

f:id:edomae-sushi:20171216090619j:plain

余市の天上鰤。

3週間熟成を掛けており、とろんとした食感でひたすら旨い。

f:id:edomae-sushi:20171216090613j:plain

墨烏賊

塩と酢橘で。パツパツした食感に妙がある墨烏賊。

東京だと鮨の烏賊と言えば本種だが、

地方だと他の烏賊を用いる事が多いため、これは嬉しい。

(もちろん、他の烏賊を楽しむ喜びや季節もありますが!)

f:id:edomae-sushi:20171216090607j:plain

小鰭

結構強めの〆加減。

酸味も浸透している。

f:id:edomae-sushi:20171216090605j:plain

車海老

謙虚に「サイマキ」とのご説明。

茹で置きながらに甘みがあり、仕事の良さを感じさせる。

f:id:edomae-sushi:20171216090618j:plain

漬け炙り。旨味しっかりで強い仕事に負けていない!

f:id:edomae-sushi:20171216090604j:plain

穴子

ふわふわに仕上げたものを、カリッと炙る。

煮ツメがあら田さんと同様にみたらし餡的な仕様であり、

これが秋田の鮨の煮ツメだと実感する。

f:id:edomae-sushi:20171216090609j:plain

水蛸

かなり細かく包丁を入れている。

酢橘をしっかりと利かせ、爽やか。

烏賊に酢橘の大量使用は無粋になりがちだが、

水蛸の味わいを考えると、これはこれで良い。

f:id:edomae-sushi:20171216090612j:plain

北寄貝

クセは無く、甘い。

f:id:edomae-sushi:20171216090601j:plain

胡麻鯖

時期的に真鯖でないのが残念であったが、

〆の仕事が良いため、満足度は高い。

しっとりとほどける身から凝縮された脂が滲み、美味。

f:id:edomae-sushi:20171216090602j:plain

ぷりっとした食感で、脂の乗りも十分。

f:id:edomae-sushi:20171216090559j:plain

いくら軍艦

秋田産。しっかり漬けているが、プチッと弾け、とろける。

f:id:edomae-sushi:20171216090615j:plain

鮪赤身

厚切り!漬けの塩梅が良く、ねっちりした身に旨味が凝縮。

f:id:edomae-sushi:20171216090608j:plain

真鯛の椀

明石の真鯛のアラを使用。

昆布の使い方と塩加減が良い!

f:id:edomae-sushi:20171216090610j:plain

大根の葡萄漬け

「葡萄漬け」と聞き、色がブドウ色故のネーミングかなと頂いたところ、

本当に葡萄味の漬け物とは!

どうやら秋田の郷土料理らしい。

思わぬところで、貴重な体験をさせて頂いた。

f:id:edomae-sushi:20171216090611j:plain

帆立の手巻き

炙り。海苔も香り良く、分厚くて上質。

f:id:edomae-sushi:20171216090603j:plain

玉子

f:id:edomae-sushi:20171216090616j:plain

毛蟹の手巻き

秋田産は12月から2月くらいまで獲れるとの事。

風味たっぷりの毛蟹に、上質な海苔の香りと食感が精彩を加える。

煮キリではなく煮ツメで調味され、少量であるのが上品。

 

店名:すし兆(すしちょう)

シャリの特徴:味わい的にはオーソドックスで、やや硬め。テクニックでほどけ良し。

予算の目安:お酒付き9,000円、お酒なし7,000円

最寄駅:秋田駅から400m

TEL:018-836-1280

住所:秋田県秋田市中通4-14-6

営業時間:18:00~22:00 ※18:00~20:00、20:00~22:00の2回転制

定休日:日曜  ※第一日曜日、第三日曜日は営業

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ