読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 33 たちばな@銀座

和菓子 店鋪情報 銀座 東京都 かりんとう

こちらは銀座で創業から100年を超える、かりんとう専門店です。

1909年(明治42年)の創業以来、銀座の店舗のみで販売されております。

東京には「かりんとう御三家」と呼ばれるお店がありますが、

実店舗のみで販売しているのは、たちばなさんだけ。

f:id:edomae-sushi:20170219084108j:plain

百貨店への出店やネット販売を行っておらず、

狭い間口の趣ある店舗で昔ながらの販売を行っております。

ちなみに、御三家の他のお店は湯島の花月さん、浅草の小桜さんとなります。

 

実は僕はかりんとうが結構好きで(笑)、

東京以外の県でも、美味しそうなものを見つけたら頂いております。

その中で、たちばなさんのかりんとうは、

日本で一番美味しいのでは?と感じている次第です。

まあ、「日本一」かどうかは個々人の好みによりますが、

自信を持って言える事は、かりんとうに苦手意識を持っている方であっても、

たちばなさんのものは美味しいと感じるのではないかと言う事です。

 

たちばなさんのかりんとうは、形状によって2つ用意されております。

細めの【さえだ】と、太めの【ころ】です。

この度は【さえだ】を購入しました。

選択基準としては、甘みの強さで言うと【さえだ】、

生地の香ばしさで言うと【ころ】かなと思います。

 

さえだ

f:id:edomae-sushi:20170219084107j:plain

漢字で表記すると「小枝」。

まさしく小さな木の枝を思わせる可愛らしい形で、

コーティングされた砂糖によってつややかに輝いております。

頂くと、カリッと気持ち良い食感と共に弾け、

甘みと香ばしさが広がります。

甘みは非常に上品で、ベタッとしたところが一切ありません。

香ばしさを引き立てる甘みで、止められない止まらないかりんとうです。

カリカリ感、甘み、香ばしさのバランスこそがたちばなさんの魅力であり、

「重たい」イメージのかりんとう観を粉砕してくれるのでは?と思います。

 

1袋900円とお値段は少し張りますが、丁寧に作られた味わいを考えると、

十分価値のあるお値段だと思います。

無添加なのに賞味期限は2ヶ月と日保ちする点も魅力です。

 

店名:たちばな

予算の目安:1袋900円

最寄駅:新橋駅から240m

TEL:03-3571-5661

住所:東京都中央区銀座8-7-19 江安ビル1F

営業時間:月~金11:00~19:00、土11:00~17:00

定休日:日曜、祝日

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ