読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 59 鮨たなか@西荻窪

西荻窪 東京都 店鋪情報

f:id:edomae-sushi:20150523073146j:plain

こちらは20代そこそこの頃、初めて訪問したお鮨屋さんです。

たまに再訪してみたいと思いつつ、気が付けば結構な年月が経っておりました。

あの頃よりも遥かに鮨を好きになった今、改めて頂いてみよう!と訪問した次第です。

 

こちらはつまみの量が多いので、つまみを控えめにして、握り中心にして頂きました。

つまみは記憶の通り、中々楽しめました。

提供のテンポが良く、お酒を進めます。


しかし、握りを頂き、軽いショックを受けました。

決定的にシャリが浮いてしまっているのです。

やや強めの酢に、甘めの味付け、その上温度が低く、もったりとした食感。

柔らかいというわけではないのですが、タネとの一体感やほどけ具合に欠ける。

その上、全体的に山葵を利かせ過ぎているので、辛味が先に来る握りもぽつぽつ。

タネの仕事が奏功していないのです。

やはり、鮨はシャリに始まりシャリに終わるように感じます。

 

頂いた酒肴はこちらです。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073202j:plain

鮃(ヒラメ)の刺身
これは中々。程よい熟成で旨味を引き出しております。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073200j:plain

蛸の桜煮
かなり柔らかく仕上げているのが評価を分けます。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073147j:plain

いくらの醤油漬け
あっさり目の味付けで好印象。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073206j:plain

柳鰈(ヤナギカレイ)の焼き物
ストレートに美味しい。

 

頂いた握りは下記の通りです。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073157j:plain

真鯛

優しい加減の昆布〆で、甘味は良いですが、食感が柔らか。寝かせすぎでしょうか。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073156j:plain

小鰭(コハダ)
〆加減は緩めで、皮の食感をしっかり残す仕事。

それはともかく、薄いため旨味に乏しく、山葵が勝ってしまいます。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073158j:plain

石垣貝
漁港の寿司店かと一瞬思いましたが、味わい自体は良いです。

細やかな繊維質に甘みが滲み、磯の香りを残します。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073154j:plain

鯖(サバ)
これも緩い〆で、レアな食感。鯖の香りが強く立ちます。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073203j:plain

 

墨烏賊(スミイカ)

特有のパツッとした食感よりも、ゴワッとした食感。

この質感であれば隠し包丁を入れた方が良い。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073159j:plain

赤貝

 

f:id:edomae-sushi:20150523073149j:plain

海老
茹で過ぎており香りも甘みも飛んでおります。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073204j:plain

鮪赤身

 

f:id:edomae-sushi:20150523073148j:plain


頂いた中では一番良く、香り上々。

ただ、爽やかな鯵に反してシャリが足を引っ張っている印象です。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073155j:plain

煮蛤
さっぱり目で、悪くない。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073207j:plain

炙り蝦蛄
炙る事によって蝦蛄の「臭み」が出てしまっておりました。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073205j:plain

鮪大トロ
しっかりとした旨味がありますが、蝦蛄と穴子の間に大トロとは…

鮨にはストーリーも重要です。 

 

f:id:edomae-sushi:20150523073152j:plain

穴子(塩)
塩が多過ぎて、辛い。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073153j:plain

穴子(ツメ)
さっぱり目。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073151j:plain

玉子
二種類出して頂けるのは嬉しい。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073150j:plain

干瓢巻
一連の流れの中、さっぱり目で好印象。

 

f:id:edomae-sushi:20150523073201j:plain

鉄火巻
たっぷりで嬉しい。これは山葵との相性が良い。

 

コストパフォーマンスは中々だと思いますが、

味を真剣に考慮すると、「お得」だとは感じませんでした。

全体的に、「寿司居酒屋」として使い、軽く握りで締めるのには良いですが、

握りを期待して行くお店ではないと感じました。

手厳しく書いてしまいましたが、思い入れのあったお店だけに、

一介の握り好きとして率直に書かせて頂きます。

 

店名:鮨たなか

シャリの特長:やや強めの酢に、甘めの味付け、その上温度が低く、もったりとした食感。

予算の目安:10,000円〜15,000円

最寄り駅:西荻窪駅から800m

TEL: 03-3335-3777

住所: 東京都杉並区西荻南2-6-3

営業時間:17:00~23:00

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ