すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

すしログ和菓子編 No. 55 つちや@大垣(岐阜県)

岐阜県・大垣にあり、宝暦5年(1755年)創業と言う圧巻の歴史を持つ和菓子屋さんです。

f:id:edomae-sushi:20180215195404j:plain

こちらが凄い点は歴史と伝統を誇るにも関わらず

モダンで創作的な和菓子も作られている点。

寒天製のお菓子である【みずのいろ】は誰の目をも惹く、美しい意匠です。

f:id:edomae-sushi:20180215195407j:plainしかも、単に美しいだけでなく、

干錦玉(ほしきんぎょく)と呼ばれる伝統的な和菓子をアレンジし、

ハーブで色付けを行うと言う離れ業を行っている点が魅力的です。

f:id:edomae-sushi:20180215195406j:plain

www.kakiyokan.com

ただ、こちらは完全予約制で、完成までに10日ほど掛かる上、

地方発送不可であるため、入手の難易度は少々高めです。

僕も今回はタイミングが合わなかったので、

いつか綿密に狙いたいと思います。

f:id:edomae-sushi:20180215195405j:plain

そのように、チャレンジ精神を持った老舗ですが、

代表的なお菓子である【柿羊羹】も独創的な逸品です。

当地で有名な干し柿・堂上蜂屋柿を用いた柿風味の羊羹は、

天保9年(1838年)に4代目・右助によって考案されたそうです。

干す事で強まる干し柿の甘みを活かし、羊羹に用いる事で、

他には無い味わいを楽しませてくれます。

f:id:edomae-sushi:20180215195408j:plain

さらに、明治29年(1896年)に5代目・祐斎によって竹の容器が使用されるようになり、

現在の【柿羊羹】が完成しました。

f:id:edomae-sushi:20180215195410j:plain

柿は和菓子に用いるのが難しい素材とされているようですが、

こちらでは干し柿製造から手がけ、今も手作りで作り続けておられます。

11月頃に柿を収穫した後、皮を手で剥き、天日干し。

そして、干柿の種を抜き、擂り潰してジャム状にし、

砂糖と寒天を煮詰めたものを混ぜ合わせ、竹の器容器に流し込んで作られます。

f:id:edomae-sushi:20180215195409j:plain

頂いてみると干し柿の甘みが活きており、風味もきっちり感じられます。

軽い酸味やほのかなとろみを感じ、目を閉じると柿が頭に浮かんできます。

ここまで柿を感じさせる御菓子は干し柿以外にはありえません。

日本の代表的な果実である柿を再構築した、

世界に誇るべきお菓子だと思います。

 

店名:つちや

予算の目安:1本竹容器入り(155g)972円~

最寄駅:大垣駅から1,100m

TEL:0584-78-2111

住所:岐阜県大垣市俵町39

営業時間:8:30~19:30

定休日:元旦

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ