すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 56 どおぞの@北新地(大阪府)

f:id:edomae-sushi:20161207195216j:plain

こちらはキタにある鯨料理専門店です。

大阪で鯨がどのように調理されるのか気になり訪問しました。

お店は、高級店だと思って伺ったのですが、意外にもカジュアルな雰囲気です。

同僚と盛り上がるビジネスマンや、同伴と思われる方が賑々しく鯨を食べております。

なので、気兼ねなく、落ち着いて頂くことが出来ます。

一人でも気持良く対応頂きました。

 

全体を通して面白かったのが、鯨の赤身を手を変え品を変え出される点。

刺身、竜田揚げ、ステーキ、鍋と頂きましたが、

調理法によって甘みと香りが異なってくるところが面白い。

特に、熱によって大きく変わる点に、コースを頂いていてテンションが上りました。

こちらの鯨肉は全くクセが無く、調理も鯨の魅力を十分感じさせてくれるものなので、

鯨に馴染みがない方でも楽しめるお店だと感じました。

 

【珍味の三点盛り】かぶら骨の粕漬け、畝須のベーコン、尾羽毛

f:id:edomae-sushi:20161207195231j:plain

尾羽毛(おばけ)は鯨の尾の脂身を塩に漬け込み、茹でて水にさらしたもの。

f:id:edomae-sushi:20161207195230j:plain

高知の「ふじ味」さんでも頂きましたが、シャクシャクとした癖になる食感で、

酢味噌との相性も抜群です。

畝須(うねす)のベーコンはかなり上質。

f:id:edomae-sushi:20161207195229j:plain

一般的な「鯨ベーコン」とは一線を画します。

f:id:edomae-sushi:20161207195228j:plain

かぶら骨の粕漬けはしっかりした味付けで、コリコリした食感が日本酒を進めます。

 

【鯨刺し】赤身、サエズリ、鹿の子、本皮

f:id:edomae-sushi:20161207195224j:plain

サエズリは牛と鰹の食感を掛け算したような香りで、脂が旨い。

鹿の子は鯨の顎から頬までの肉で、身の桜色とマーブルなサシが美しく、

サシ(脂)は上品な味わいです。

ほのかに漂う鉄分が印象的。

赤身の刺身は非常に爽やかです。

 

【鯨煮込み】

f:id:edomae-sushi:20161207195225j:plain

大和煮。かなり濃い目の味付けですが、様々な部位が使われているため、

香りは複雑で旨味たっぷりです。

「莫大」という木の実を用いており、これは味は殆どありませんが、

胃腸を整えるとされているそうです。

 

【鯨竜田揚げ】

f:id:edomae-sushi:20161207195226j:plain

甘めの下味がしっかりと付けられており、肉汁をたっぷりと封じ込めております。

刺身の赤身とは全く異なる旨味の感じ方です。

 

【鯨ステーキ】

f:id:edomae-sushi:20161207195222j:plain

美しい火入れで、竜田揚げとは異なる食感が楽しめて、

香りの立ち方もこちらの方が強いです。

f:id:edomae-sushi:20161207195223j:plain

味付けは素朴ですが、嬉しい一品。

 

【はりはり鍋】

f:id:edomae-sushi:20161207195218j:plain

水菜と頂く、赤身、サエズリ、鹿の子。

f:id:edomae-sushi:20161207195219j:plain

こちらは鯨肉もさることながら、出汁が抜群に美味しいです。

淡白な水菜が極めて美味しくなる出汁マジック。

f:id:edomae-sushi:20161207195220j:plain

しゃぶしゃぶ的に頂きつつ、箸が止まらなくなりました。

 

【三輪うどん】

f:id:edomae-sushi:20161207195221j:plain

〆は雑炊とうどんを選べますが、出汁をストレートに感じたくて、うどんを。

手延の乾麺である三輪うどんとの事。

程よい太さで食感がしっかりあり、喉越しも良いです。

 

【水菓子】

f:id:edomae-sushi:20161207195217j:plain

酒粕のシャーベット。

 

全体的に非常に満足度の高いコースでした。

アラカルトでも頼めますが、はりはり鍋は必須です!

 

店名:どおぞの

食べるべき逸品:ここでしか頂けない、出汁が秀逸なはりはり鍋。

予算の目安:10,000円~13,000円

最寄駅:北新地駅から170m

TEL:06-6345-5221

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-6 新地VIPビル1F

営業時間:月~金17:30~24:00、土17:30~23:00

定休日:日曜、祝日

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ