すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 179 久いち@浅草

2015年4月に訪問した久いちさん。

久々にお伺いしたところ、何と顔を覚えていてくださり、感動しました。

前回訪問した時に煮蛤を頂けなかったため、

この度「煮蛤はありますか?」と聞いたところ、ギリギリ1貫分あり、

その煮蛤への執念で思い出して頂けた次第です(笑)

 

再訪して感じた事は、こちらはやっぱりストレートに美味しいです。

シャリ、仕事ともに高いレヴェルで安定しており、

違う季節に訪問して新たな魅力を実感しました。

前回に比べてシャリの塩気がやや強まっている気がしましたが、

これが仕事との一体感を高めており、個人的にイメージアップ。

温度や硬さは間違い無いので、誰にでもオススメ出来るお店だと再認識しました。

 

そして、タネについては、全体的に費用対満足度が高い。

タネの構成も江戸前の王道を行くものなので、

江戸前鮨に興味のある若い方(20代)にもオススメしたいお店です。

 

更に、今回は特に強烈な個性を感じさせるあるタネがあり、

鮨好きにとっても足を運ぶ面白さがあるなと感じました。

 

上質な雰囲気と下町的な雰囲気が融合した貴重なお店だと思います。

他の料理ジャンルを加えても、浅草のランチでトップレヴェルに入るでしょう。

f:id:edomae-sushi:20170202210517j:plain

この度は握りのコース【大島(12貫)】を頼み、前述の煮蛤を追加しました。

お酒は友人と土佐しらぎくをシェア。

尚、お値段が5,800円から7,000円にアップしておりましたが、

内容を考慮すると十分許容範囲内です。

イメージし辛いかもしれませんが、日本の漁獲量は激減しているので…

f:id:edomae-sushi:20170202210526j:plain

先付

久兵衛出身の定番である若芽。

f:id:edomae-sushi:20170202210532j:plain

繊維がねっとりと甘いため、少しだけ寝かしているのだろうか。

それでいて香りが良く、良いスターター。

f:id:edomae-sushi:20170202210518j:plain

カワハギ

鮃、カワハギと言う流れは正統だが粋。

まずは冬の白身の旨さを感じさせ、肝の甘みで印象を深める。

肝の下拵えが良いので詳細を伺ったところ、塩を振って軽く湯にさらしているそう。

甘みが引き出され、癖は流されている。

紅葉おろしも肝の甘みを活かす適切な量。

f:id:edomae-sushi:20170202210528j:plain

墨烏賊

身は厚くパツパツ。

墨烏賊は、江戸前鮨が初めての人には面白い食感かもしれない。

甘みの強さで言うとアオリイカの方が上を行くものの、

墨烏賊のこの食感こそが美味しいシャリに合い、最も鮨に合うイカである証左。

f:id:edomae-sushi:20170202210529j:plain

鮪赤身

漬けの塩梅が良く、旨味が凝縮され酸味は程良く調整されている。

f:id:edomae-sushi:20170202210530j:plain

鮪中トロ

赤身も含めて産地は伺わなかったが、甘み、旨味共に強い。

f:id:edomae-sushi:20170202210523j:plain

小鰭

割としっかり目に〆ている点が印象深い。

旨味は凝縮されており、噛み締めるとぶわっと広がる。

f:id:edomae-sushi:20170202210524j:plain

針魚

これは白眉!

頂いてみると食感が非常に独特で、シャクシャクと小気味良い。

更に、酢の使い方も巧く、針魚の風味を凝縮している。

〆方を伺ったところ、赤酢と米酢をブレンドした甘酢で〆ているそう。

甘酢と言っても砂糖の甘みは嫌味が無く、爽やかな印象を与える。

f:id:edomae-sushi:20170202210525j:plain

青柳

甘みがかなり強く、香りは気持ち良い。

上質なモノを入れておられる。

f:id:edomae-sushi:20170202210519j:plain

海松貝

歯切れが良く端正な見た目の包丁使い。

f:id:edomae-sushi:20170202210520j:plain

海胆軍艦

海胆が少ないなか、中々のモノを入れておられた。

こちらは海苔もとても美味しい。

f:id:edomae-sushi:20170202210522j:plain

穴子

非常に香ばしい穴子。

久兵衛出身の職人では珍しく、煮ツメが濃厚。

僕は煮ツメは濃厚であるべし!と考えているので、これは嬉しい。

同時に、塩も付けられる点は心配りが行き届いている。

f:id:edomae-sushi:20170202210527j:plain

煮蛤 追加

季節柄蛤は小さいので、二つ使用。

煮蛤の仕事は「漬け込み」なので、

蛤自体が弱くとも職人さんの個性は楽しむ事が出来る。

こちらは実にジューシィで瑞々しい…と同語反復してしまうような出来栄え。

旬に頂けば、蛤自体の旨味が加わり、瑞々しさと力強さを併せ持つだろう。

f:id:edomae-sushi:20170202210531j:plain

蜆の旨味がしっかりと出ている。

f:id:edomae-sushi:20170202210521j:plain

巻物2種

干瓢巻きと鉄火巻き。

前に一人で伺った時も2種類で嬉しかった(笑)

お任せで巻物を出さないお店が増えたけど、

やはり最後は巻物を頂きたいですね。

 

予約が取れなさすぎるお店が多い中、

鮨を食べたい気持ちの時に伺えるお店は本当に貴重だと思います。

 

店名:久いち(ひさいち)

シャリの特徴:塩をキリッと利かせ、硬さと温度が丁度良いシャリ

予算の目安:予算の目安:昼5,000円〜、夜10,000円~

最寄駅:TX浅草駅から400m、雷門から850m

TEL:03-3874-2921

住所:東京都台東区浅草3-18-8

営業時間:11:30〜14:00、17:30〜23:00

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ