すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 26 亀屋則克@烏丸御池(京都府)

f:id:edomae-sushi:20161225091332j:plain

こちらは【浜土産(はまづと)】と言うお菓子で有名な和菓子店です。

創業は1927年(昭和2年)なので、京都では比較的若い方。

しかし、系譜として見れば歴史は古く、

亀屋良安、亀屋良則の伝統を受け継いでいるそうです。

(上記2店は既に廃業)

 

こちらで面白いところは「座売り」の形式である点。

暖簾をくぐり、扉を開けるとすぐに座敷があり、

御菓子の見本を見せて頂き、包装される間、座敷に腰を掛けて待ちます。

f:id:edomae-sushi:20161225091328j:plain

壁面の棚には和菓子の型が所狭しと並べられており、

眺めていると圧倒言う間に時間が経ちます。

かなり風情を満喫出来る空間です。

 

僕は二回訪問しており、初回訪問時に【浜土産(はまづと)】を、

二回目に生菓子を幾つか購入しました。

 

浜土産

f:id:edomae-sushi:20161225091333j:plain

酷暑である京都の夏に、日持ちするとともに清涼感を演出しようと開発された菓子。

蛤の貝を開くと、琥珀色の寒天がキラキラと光る。

そして、寒天の中には浜納豆が入っているところが面白い。

味わいの方も個性抜群で、浜納豆の風味が力強く漂う。

かなり独特な味わいである。

販売は5月中旬から9月中旬となるので、ご注意。

 

金団・秋の山

f:id:edomae-sushi:20161225091331j:plain

味わいはオーソドックスだが、緑に混じる紅葉を表現した見た目が良い。

 

金団・山の幸

f:id:edomae-sushi:20161225091330j:plain

餡には塩を利かせており、塩気がじんわりと広がり、甘みと調和。

割と力強い口当たりと風味の餡。

見た目通りに男前な金団なと言う印象で琴線に触れる。

 

求肥・栗餡

f:id:edomae-sushi:20161225091329j:plain

求肥は柔らか~く、とろけるような食感。

穏やかな栗の風味と調和し、非常に上品な味わい。

 

店名:亀屋則克(かめやのりかつ)

予算の目安:浜土産1個380円、生菓子1個360円くらい

最寄駅:烏丸御池駅から550m

TEL:075-221-3969

住所:京都府京都市中京区堺町通三条上ル大阪材木町702

営業時間:9:00~17:00

定休日:日曜、祝日、第3水曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ