読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 39  千登利亭@祇園(京都府)

京寿司 京都府 店鋪情報 鯖寿司

f:id:edomae-sushi:20150423231139j:plain

こちらは京都の中でも老舗の寿司店。
創業は1899年で、当代のご主人は「現代の名工」に選ばれております。

 

お店は四条大橋のそばにあり、アクセス至便。
外観は昔ながらの風情を漂わせ、心が惹かれます。

 

頂くものは、勿論【鯖寿司】1980円。
待つ間、店内を見回すと飾り切りされた笹の葉が額縁に入っており、
パターンの多さに少し驚きました。
そこで、僕の寿司を巻き終えられた後に、笹を切り始められます。
直前に切って頂けるのは嬉しいですね。

f:id:edomae-sushi:20150423231140j:plain

 

さて、鯖寿司を頂きます。

f:id:edomae-sushi:20150423231141j:plain

こちらの鯖はかなり浅い〆です。

しかし、鯖特有の匂いは控えめで、味わいが爽やか。
酢が効果的に利かされており、巻いてある昆布の酢も強め。
これが爽やかに感じさせる仕組みです。

 

酢飯も酢をやや立たせたものですが、塩分は高くないので、
強い味わいの鯖と昆布に上手いこと合致しております。

 

f:id:edomae-sushi:20150423231142j:plain

こちらは入りやすさと味わい、コストなどを考慮すると、
バランスが取れた優良店だと感じました。
京都通の友達数人は「いづうよりも美味しい」と言っております。

鯖、昆布のクオリティが異なり、タネと酢飯のバランスも異なるため、
多分に好みに寄ってくるように感じますが、そのように言われる以上、
食べ比べをしてみると面白いかと思います。

 

店名:千登利亭
シャリの特長:
酢を立たせつつ、穏やかな塩気。強い味わいの鯖に合う。

予算の目安:1,000円〜3,000円

最寄り駅:京阪祇園四条駅から79m

TEL: 075-561-1907
住所: 京都府京都市東山区団栗通大和大路西入ル六軒町203
営業時間:11:00〜20:00

定休日:木曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ