読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 40 壺屋総本店@本郷三丁目

f:id:edomae-sushi:20170326125833j:plain

こちらは寛永年間(1624年から1645年)創業と言う、

東京で屈指の歴史を誇る和菓子店です。

都外であれば長崎の福砂屋(1624年)が同じ寛永年間の創業ですが、

都内だと長命寺桜もち1717年(享保2年)、

清寿軒1861年(文久元年)よりも遥かに前の創業となります。

それもそのはず、壷屋さんは江戸時代に町民が始めた最初の和菓子店なのです。

しかも、長い歴史を持つと言うだけでなく、素敵なエピソードがあり、

勝海舟に愛され、庇護されて今に残るとの事です。

壷屋さんは創業時代(江戸初期)から幕府御用達として営んでおりましたが、

明治維新の際に、江戸ッ子の矜持を持つ老舗の和菓子屋店主達の中には、

「官軍だか何だか知らねぇが、粋を解さぬ連中に喰わせるものはねぇ」と

暖簾を下ろしてしまったお店があるそうです(新政府は西日本の政権なので)。

壷屋さんも同様に暖簾を下ろそうとしましたが、

こちらの最中を愛する勝海舟は、庶民のためにお菓子を作り続けて欲しいと伝え、

店主を鼓舞するために自筆の書を送ったとの事。

その書は今も店内に飾られており、

「神逸気旺(しんいつきおう)」…神頼みする事無く気力で進め、

と新時代に向けてのエールが込められております。

f:id:edomae-sushi:20170326125834j:plain

店先には「江戸総鹿子名所大全」や「江戸買物独案内」の案内文が飾られております。

 

こちらの名物菓子は最中となりますが、

店内に入ると【壺最中】【壺々最中】【壺形最中】があるので、最初は迷います(笑)

更に、色違いで2種類あり、パターンが複雑化!

薄茶色の焦がし皮の方が粒餡で、白い皮の方がこし餡となります。

皮によって餡を使い分けている点には、頂いて成程、と感じました。

なので、別々の組み合わせで購入されるのがオススメです。

f:id:edomae-sushi:20170326125835j:plain

壺形最中(焦がし皮、粒餡)

個人的にこちらで一番美味しいと思う最中。

皮がとにかく香ばしく、噛み締めるともち米の香りがぶわっと漂います。

そして、餡の濃厚さが堪らない!

f:id:edomae-sushi:20170326125836j:plain

黒々と光る餡は粘度が高く、甘みがやや強めながらに気にならず、

皮の力強い風味と協奏する。

強い素材を合わせて一体化に成功しており、圧倒的な個性を誇る最中だと思います。

f:id:edomae-sushi:20170326125837j:plain

壺最中(白皮、こし餡)

こちらは上記に比べると、上品に感じられる味わい。

粒餡よりも小豆の風味、甘みともに優し目に感じます。

お茶を主として楽しむ際にはこちらが良いでしょう。

また、大きさも小さめなので、気軽に頂けます。

尚、こちらよりも小さい【壺々最中】が、

前述の勝海舟が愛した最中で、江戸時代から残るものとなります。

 

浪漫を感じながら江戸時代の人たちと同じ味を楽しめるのは、至福と言えるでしょう。

 

店名:壺屋総本店(つぼやそうほんてん)

予算の目安:1個100円〜190円

最寄駅:本郷三丁目駅から360m

TEL:03-3811-4645

住所:東京都文京区本郷3-42-8

営業時間:月~金9:00~19:00、土・祝日9:00~17:00

定休日:日曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ