読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 104 幸鮓@蔵前

店鋪情報 蔵前 東京都

f:id:edomae-sushi:20150816083858j:plain

以前、第1回でご紹介した、こちらのお店。

前回は訪問数回分をまとめたダイジェスト版だったので、

この度、近々にお伺いした夏の構成をご紹介します。

 

酒肴はいつも通り、三品。

今回は枝豆、もずく、佐島産蛸の頭でした。

f:id:edomae-sushi:20150816083908j:plain

f:id:edomae-sushi:20150816083901j:plain

f:id:edomae-sushi:20150816083915j:plain

こちらのもずく(輪島)は細くて食感が強く噛みごたえが良いです。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083913j:plain

真子鰈

 

f:id:edomae-sushi:20150816083910j:plain

新烏賊

この時期しか頂けない、墨烏賊のこども。

小さくても、墨烏賊を感じさせるパツッとした特有の食感で美味。

個人的には矢張りアオリイカ、スルメイカ、ケンサキイカなどよりも、

墨烏賊の方が断然握りに合うと思います。

 

続いて、新子のサイズ違いの食べ比べ。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083911j:plain

新子(2枚付け)

f:id:edomae-sushi:20150816083912j:plain

新子(1枚付け)

船橋。新子であっても、こちら独特の〆方を楽しめます。

浅めの〆ですが、決して水っぽくなく、旨味と香りを引き出されております。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083914j:plain

青柳軍艦

 

f:id:edomae-sushi:20150816083909j:plain

蒸し鮑

 

次は、鰹の部位別食べ比べ。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083903j:plain

鰹背寄り

f:id:edomae-sushi:20150816083904j:plain

鰹腹寄り

気仙沼。腹寄りの方は一見すると筋がありますが、とろりととろけ、気になりません。

香りを楽しむなら背の方、旨味を楽しむなら腹の方でしょうか。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083859j:plain

ムラサキウニ

f:id:edomae-sushi:20150816083900j:plain

バフンウニ

宮城県、唐桑。かつて「美味しんぼ」で紹介された豊穣な海で育った雲丹。

唐桑の海には周囲の山から養分に富む清浄な水が流れ込み、

上質なプランクトンがたくさん育ちます。

それを餌にして育った海産物は特に美味しいとされております。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083916j:plain

アイルランド産。普通、外国産は言われないケースが多いですが、

こちらのご主人は先方からハッキリと言われます。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083907j:plain

穴子

小柴。こちらの穴子は香り、旨味の立て方が印象的です。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083902j:plain

脂が非常に強いため、強めに〆ておられます。

鰯の余韻が印象深くなります。

 

f:id:edomae-sushi:20150816083906j:plain

玉子

 

f:id:edomae-sushi:20150816083905j:plain

干瓢巻き

 

13貫に玉子、巻物と、日本酒を1合頂き、9,000円ほど。

こちらは初めて伺った時からコストパフォーマンスに驚きました。

仕事で魚を旨くする鮨店。

「飲み寿司」を求める方にとっては響かないかと思いますが、

握り好きにとっては非常にありがたい、日常使いできるお店です。

なお、恐らくお好みよりもお任せで頂いた方が割安だと思います。

 

店名:幸鮓
シャリの特長:
酢加減、塩加減ともに穏やかで、硬さは標準的。全般的に合う。

予算の目安:9,000円~12,000円

最寄り駅: 浅草線・蔵前駅から60m

TEL: 03-3863-1622
住所: 東京都台東区蔵前3-4-8
営業時間:18:00~22:00

定休日:日曜、祝日

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ