読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 8 志”満ん草餅(じまんくさもち)@向島

和菓子 店鋪情報 東向島 東京都

f:id:edomae-sushi:20160527222203j:plain

こちらは向島で1872年(明治2年)に創業された、老舗の和菓子屋さんです。

看板メニューは店名通り【草餅】、すなわちヨモギ餅です。

丁寧に手で作られており、売り切れ次第終了なので、

夕方にちょっと心配しつつ訪問しましたが、無事に入手出来ました。

なお、昔は界隈のヨモギを用いて作り、隅田川の船着場で販売していたそうですが、

現在は、青森、房州、伊豆などのヨモギを用い、年間を通して販売されています。

製法は創業から変わらず、生のヨモギを茹でて、

すり潰した後に上新粉に練り込んでいるそう。

 

こちらの草餅は二種類あり、【あんいり】と【あんなし】があります。

どちらでも145円で、無しの方は2個以上買うと、黄粉と蜜が付いてきます。

賞味期限は当日中なので大量に購入したり、おもたせにはし辛いものの、

頂いてみると素朴さの中に印象深い味わいがあり、季節を食べる喜びがあります。

 

餡入り

f:id:edomae-sushi:20160527222204j:plain

餅は芳醇なヨモギの香りに満ちており、青臭い嫌味は皆無。

餡は柔らかく滑らかで、しっかりした風味と食感を持つ餅とのコントラストが良いです。

 

餡無し

f:id:edomae-sushi:20160527222205j:plain

先ずは黄粉と蜜を付けずに頂いてみたところ、餅の個性をダイレクトに感じ、

こちらの草餅の完成度を再認識します。

餅の味わい、ヨモギの風味がハッキリと楽しめます。

f:id:edomae-sushi:20160527222206j:plain

そして、黄粉と蜜を付けると味が大きく変わるので、

これはまた延々と食べてしまいそうになります。

 

餡の有無でかなり違った楽しみが出来るので、

是非とも両方購入される事をオススメします。

看板に偽り無く、自慢に値する味わいだと思います。

 

なお、【草餅】以外にもどら焼きなどを販売されておりますが、

ほとんど常連さんしか知らないと言う【草大福】もあるそうです。

数が限られておりレアなようですが、いつか頂いてみたいものです。

ちなみに、初夏の草餅が最も香りが強く、色合いが濃いようです。

 

また、都内、千葉県の百貨店などで、曜日限定の販売を行っているようです。

限定販売店

お店にアクセスし辛い方は、こちらを狙ってみては如何でしょうか?

 

店名:志”満ん草餅(じまんくさもち)

予算の目安:1個145円

最寄駅:曳舟駅から850m、東向島駅から800m

TEL:03-3611-6831

住所:東京都墨田区堤通1-5-9

営業時間:9:00~17:00

定休日:水曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ