読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 33 懐石一空@千駄木

日本料理編 日本料理 穴子 店鋪情報 四谷三丁目 東京都

f:id:edomae-sushi:20160622230053j:plain

こちらは千駄木にあり、穴子をメインに据えたコースを頂ける貴重なお店です。

ご主人はかの辻留で修行されたので、穴子以外の料理も期待以上の満足度。

そして、穴子料理については荒木町のます味で修行を積まれたそうなので、

他店には無い技を感じさせてくれます。

出汁がやや強い(旨味が強い)ものの、価格に対する満足度はかなり高いと感じました。

最後にお抹茶で〆るところも、茶懐石の趣を感じさせて頂けて一興。

 

ます味との比較の面では、

あちらは穴子料理に絞り、伝統的な江戸料理の仕事を使われるので、

コンセプトが違うのかなと感じます。

ただ、穴子のお造りに関してはこちらの方が上手。

極薄切りにしつつ旨味が強いのは熟成の賜物です。

穴子のお造りについては、全国屈指だと思います。

 

お店の雰囲気は予想外にカジュアルですが、穴場的な雰囲気が漂っております。

友達とゆったりご飯を頂くもよし、デートに利用するもよし、です。

価格的なパフォーマンスも非常に高く、若い方であっても利用し易いかと思います。

 

頂いた料理は下記のとおりです。

 

甘海老と芹のお浸し

f:id:edomae-sushi:20160622230056j:plain

芹のシャキシャキ感と香りの立て方に安堵。

芹の風味、甘海老の甘み、出汁のバランスが良い。

 

穴子の薄造り

f:id:edomae-sushi:20160622230059j:plain

2日寝かせたという穴子。

極薄切りながらに存在感が極めて強く、舌の上で舞う。

白身魚のようなぷりぷりとした心地良い食感の奥から、

凝縮された旨味が躍り出て、鮮やかな余韻を残す。

旨味を強めつつ食感を残しているのは熟成の見極めが良い証左。

なお、穴子は山口産を主に使用されているとの事。

お話を伺ったところ、ご主人がその味わいに惚れており、

特に江戸前にはこだわっていないとの談でした。

 

鱧の椀

f:id:edomae-sushi:20160622230101j:plain

鱧は大分産。

肉厚ながらに申し分ない骨切りで、葛の使い方も良いです。

出汁が非常に強い点は好みを分けるかもしれません。

 

穴子の白焼

f:id:edomae-sushi:20160622230058j:plain

少しサッパリすぎる印象を受けましたが、お造りの印象が強いためでしょうか。

美味しいことには間違いありません。

 

イサキの天麩羅

f:id:edomae-sushi:20160622230054j:plain

肉厚ですが、程良くジューシーに揚げられております。

 

穴子の茶漬け

f:id:edomae-sushi:20160622230057j:plain

これは面白いです。

鯛茶風に胡麻ダレに漬けられているものの、上品な味付けで良いです。

どうも鯛茶は濃い味付けで鯛の香りをダメにしている事が多いですが、

穴子の香りや旨味が活きております。

f:id:edomae-sushi:20160622230100j:plain

香の物の【自家製昆布】が濃厚な味わいなのでバランスが取れているかと。

 

お抹茶と水菓子

f:id:edomae-sushi:20160622230055j:plain

スイカを使ったゼリー。

スイカ自体の甘みを活かしております。

 

全体的にバランスが取れたコースとなっており、リーズナブルだと思います。

山口の穴子を使っておられるため、

江戸前の旬である梅雨頃以外でも美味しく頂けるそうです。

ミシュランの一ツ星を獲得されておりますが、

その実力を十分感じさせてくれる専門店だと思います。

 

店名:懐石一空

食べるべき逸品:穴子の薄造り!

予算の目安:5,500円〜 ※上記のコースは6,500円のものとなります

最寄駅:千駄木駅から310m、日暮里駅から500m

TEL:03-6795-0117

住所:東京都台東区谷中5-7-12

営業時間:12:00~14:30、17:30~22:00 ※2日前までの完全予約制です

定休日:水曜、木曜のお昼

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ