すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 70 末廣鮓@日本橋(大阪府)

f:id:edomae-sushi:20150614111709j:plain

こちらは大阪ミナミにあり、創業100年を超える老舗です。

元来は大阪寿司を出しておられたそうですが、

戦後に江戸前鮨に切り替えられたとのこと。

大阪寿司のお店が減るのは残念な気持ちがありますが、

こちらでは完成度の高い大阪ならではな江戸前鮨を頂けます。

前情報を持たずに伺ったので、如何なるものかと訝しむ気持ちがありましたが、

頂いてみると数々の個性的な仕事と、確かな握りの技術に魅了されていきました。

 

こちらは「超高級店」と思われているようですが、

お会計は明朗で、リーズナブルなお決まりもあります。

タネの札も掲げられているので、オーダーに悩むこともありません。

僕はまずはその日のオススメを6貫握って頂き、気になるタネを追加していきました。

日本酒も色々と入れておられ、仕事も割と強めなので、日本酒と合わせて頂きました。

 

こちらのシャリは柔らかめで、ほのかな甘みもあるので、

東京の感覚で頂くと少し違和感を覚えます。

しかし、ご主人の仕事に合っており、頂くごとに魅力が増していきました。

シャリとは対照的に、ガリがシャープな辛みを持つところも面白い。

また、煮キリも複数種類用意されており、何かと個性的です。

そして、ご主人の握りの技術は流麗で、捨てシャリをされません。

カウンターが満席で、酒飲みの方や僕みたいなお好みで頂く人間が入り乱れていても、

お一人で淡々とさばかれている姿が印象的でした。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111724j:plain

先付

 

f:id:edomae-sushi:20150614111725j:plain

白甘鯛

バシッと昆布で〆ており、甘みのある赤酢を付けておられるよう。

個人的には甘鯛に対して〆がやや強い印象を抱きましたが、独特の仕事です。

木ノ芽とは合っております。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111717j:plain

雲丹

淡路産。甘みと香りが強く旨い。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111714j:plain

トリ貝

軽く湯引きし、酢橘を数滴。

磯の香りと甘みをしっかり感じることが出来、湯引きのため食感が強調されている。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111710j:plain

アイナメ

おろしポン酢が大阪らしい。

アイナメは甘みが強く、気持ち良く反発する食感を楽しめます。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111718j:plain

牡蠣の漬け込み

厚岸産。おろした酢橘を使いつつも、甘い煮詰めと相性が良く嫌味になりません。

火入れが秀逸で、じゅわっと旨味が滲みます。

惜しむらくは温度で、冷蔵庫から出した後に温度を戻されたほうが美味いかと。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111712j:plain

シラサエビ

クルマエビ科のヨシエビ。

味噌が非常に濃厚で、山葵が良い塩梅。

卵をたっぷり持っており、深い余韻があります。

f:id:edomae-sushi:20150614111713j:plain

 

ここからお好みで。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111715j:plain

鯵(アジ)

〆ているようですが、浅めで、ぷるんとした食感。

甘めの煮キリを使用されているところが面白いです。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111723j:plain

小鰭(コハダ)

これも浅めの〆。

ジューシーながらに香りと旨味を残しております。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111719j:plain

蝦蛄(シャコ)

岡山産の大振りなもの。握る直前にさばかれる。

香りと甘みを楽しめ、ツメまで出して頂けるところが嬉しい。

f:id:edomae-sushi:20150614111720j:plain

 

f:id:edomae-sushi:20150614111721j:plain

穴子

加古川産。瀬戸内らしい香りがあり、レヴェルが高いです。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111716j:plain

大阪に来たら、やはり鰻。

皮をパリッと仕上げており、身はジューシーに脂が滲みます。

頂いたのは吉野川産でしたが、時期によって仕入れを変えているそう。

 

f:id:edomae-sushi:20150614111722j:plain

口直し

トマトの甘酢浸し。

 

先付に加えて11貫とビール小瓶、日本酒二杯(鶴齢特純越淡麗55%、山形正宗純吟2013)を頂いて、1万4,000円弱でした。

タネのクオリティと仕事を考えると、非常に満足度が高いです。

個人的には、福喜鮨よりも味わい的にも雰囲気的にもオススメです(鯛は先方の方が旨かったですが)。

実は逆巻き発祥のお店らしいので、今度はそちらも頂きたいと思います。

 

店名:末廣鮓
シャリの特長:
柔らか目で甘みもあるが、個性的な仕事に合致するシャリ。

予算の目安:10,000円~

最寄り駅:日本橋駅から223m

TEL: 06-6211-8341
住所: 大阪府大阪市中央区千日前1-7-1
営業時間:11:30~14:00、17:00~23:00

定休日:日曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ