すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

すしログ No. 212 金寿司@札幌(北海道)

こちらは札幌中心街から少し離れた

サッポロビール博物館(苗穂 or バスセンター前)の近くにある老舗です。

f:id:edomae-sushi:20171120234857j:plain

創業は1934年(昭和9年)と、札幌では断トツの歴史。

(知名度では最高峰であろう、すし善さんが1971年となります)

店内は昔の風情を残しており、お客同士が肩を寄せ合って頂くところも、

今になってはあまり体験できない街場寿司の味わい。

こちらは雰囲気こそが最大の魅力だと感じました。

 

そして、優しさは雰囲気だけでなく、お会計も然り。

一番高いおまかせが16貫で5,600円。

もっとリーズナブルなコースもありますので、

ランチは予約必須な程に人気となっております。

僕はもちろん、東京からなので16貫にしました。

 

こちらのシャリは味付けが穏やかで、

酸味も塩気も優しく、甘みがあります。

オーソドックスな酢飯だと思いますが、

温度が非常に低い点は好みを分けるかと思います。

僕は個人的に、現代的あるいは当世流の「鮨」であるか否かは、

シャリによって決定付けられると感じます。

とりわけ、温度と硬さは生命線。

酢の酸味、塩気、甘みと言った味付け以上に、

舌が敏感に反応する温度と硬さは握りの印象を決定付けます。

味付けがオーソドックスであっても、

温度と硬さが良く、軽やかにほどける酢飯であれば、

食の満足度は一気に高くなり、

美味しさの連鎖を生み出す事になります。

 

今回は二番手の方に担当頂きました。

まず、隣の親方の握りを見てみると、

手数は少なく6手ほどで、捨てシャリと掌ポンはされていません。

二番手の方の握りも非常に親しく、こちらの握りの印象は、

上記のシャリによって規定されていると感じました。

また、親方が常連さん4人を相手にされているところ、

二番手さんは6人以上対応されており、

頼れるポジションを担っておられました。

 

頂いた握りは下記の通りです。

f:id:edomae-sushi:20171120234900j:plain

ガリ

甘みがあり古典的な感じだが、辛みも強い。

f:id:edomae-sushi:20171120234913j:plain

昆布〆。寝かせてから〆ているのか?

身はホロッと柔らかく、老舗の〆の仕事としては意外。

(しっかりと〆て、みっちりした食感である事が多い為)

f:id:edomae-sushi:20171120234910j:plain

北寄貝

網で炙っており、香ばしさの後に甘みが来る。

f:id:edomae-sushi:20171120234858j:plain

アラ汁

ジャガイモが入っている点は北海道らしい。

これはこれで嬉しい。

f:id:edomae-sushi:20171120234909j:plain

帆立

手割き。甘くて美味しい。

f:id:edomae-sushi:20171120234902j:plain

ツブ貝

香りと甘みが弱い。

しかし、シャリの温度が上がり、交換か!?と期待が高まった。

f:id:edomae-sushi:20171120234907j:plain

藁で燻したものを、塩で。

ねっとりと旨く、藁の香りも良い。

タネを室温に馴染ませ、温度を上げると更に良いかと。

f:id:edomae-sushi:20171120234914j:plain

知床産。脂がかなり乗っており、酸味もあって美味い。

ただ、シャリがまた冷たくなり、気になる。

 

ズワイガニ

ストレートに美味しい。

が、腱(透明のスジ)が入っていたのが、気になる。

f:id:edomae-sushi:20171120234911j:plain

鮪赤身

漬け。包丁を入れて軽く筋を断つと更に美味しいかと。

f:id:edomae-sushi:20171120234912j:plain

鮪中トロ

端を炙り、細切りの壺漬を噛ませる。

壺漬の存在は謎だが、炙りが良い。

香ばしさを付加している。

f:id:edomae-sushi:20171120234901j:plain

スルメイカ

三升漬けと供する点が北海道らしい

(三升漬け→唐辛子と麹、醤油を漬け込んだもの)

とろとろで甘いスルメイカに、青唐辛子の香りと辛味がぴったり合っている。

f:id:edomae-sushi:20171120234908j:plain

秋刀魚

〆の塩梅が中々で美味いものの、矢張り低温が気になる。

f:id:edomae-sushi:20171120234906j:plain

穴子

炙ってタネの温度が上がる事で、シャリの低温が余計に気になってしまう悲劇。

f:id:edomae-sushi:20171120234903j:plain

蝦蛄

香り良く、美味しい。

穴子よりも厚みがあるので、シャリの低温が少し緩和される。

f:id:edomae-sushi:20171120234859j:plain

いくら軍艦

ねっちりと強めに漬け込んでいるが、塩気は穏やか。

不格好なのが気になる。

f:id:edomae-sushi:20171120234904j:plain

海胆おにぎり

シャリ玉を整形して海胆を詰める、おにぎり。

海胆は低温のシャリだと辛いところ。

f:id:edomae-sushi:20171120234905j:plain

甘海老の頭の塩辛

塩辛部分を軍艦の酢飯で拭って頂くと言う、

創作的な一品でフィニッシュ。

「面白さ」はあるが、一体感には欠ける。

 

店名:金寿司(きんずし)

シャリの特徴:オーソドックスな味わいで、冷たいシャリ。

予算の目安:にぎり梅1,500円〜おまかせ16貫5,500円

最寄駅:バスセンター前駅から850m

TEL:011-221-2808

住所:北海道札幌市中央区北2条東7丁目

営業時間:11:30~21:20

定休日:日曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ