読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ No. 73 栃生梅竹@栃生(滋賀県)

郷土寿司 店鋪情報 滋賀県 鯖寿司

f:id:edomae-sushi:20150622204045j:plain

こちらは朽木旭屋と同じく、滋賀県の「鯖街道」にあるお店です。

かなりの人気を誇っており、19時までの営業時間ながら、夕方までに売り切れることが多いようで…

筆者も二度のトライを経て、ありつくことが出来ました(笑)

こちらのお店は売店で作りたてを購入したのち、

隣のイートインスペース(と言うかイートインハウス)で頂くことが出来ます。

 

鯖寿司は【極上】と【特選】があり、半身でも買うことが出来て、

価格はそれぞれ1,950円、1,550円。

折角なので【極上】を頂くことにしました。

なお、鯖については6月訪問時点で静岡産を使用しており、

クラスの違いは魚体の違いとのことです。

【極上】は1kg位の鯖を使い、【特選】は800g位とのこと。

脂の乗りが異なってくる模様です。

 

【極上】

f:id:edomae-sushi:20150622204046j:plain

 イートインスペースで待っていると、

切り分けて持ってきて頂きました。

期待が高まるフォルムです。

 

f:id:edomae-sushi:20150622204048j:plain

一口頂いてみるとと、驚くべき鯖の脂の旨味です。

〆加減が穏やかなため、かなりジューシーで、柔らかです。

脂たっぷりの鯖で、塩気はそこそこ。

白板昆布が甘めなのが特徴的です。

そして、酢飯は甘めで、ほろっとほどける良い硬さ。

鯖の濃厚な脂に合っているように感じます。

 

f:id:edomae-sushi:20150622204047j:plain

こちらの【極上】は朽木旭屋の【朽木】と同じ価格帯ですが、

鯖のクオリティで考えるとこちらに軍配が上がるように思います。

朽木旭屋の【極】は上を行きますが、非常に美味しい鯖寿司です。

いずれにせよ各々に違った魅力があるので、もし鯖街道に行かれるならば、

食べ比べをされることを強くオススメします!

 

店名:栃生梅竹

シャリの特長:甘めだが、鯖の仕事に合う。程良い硬さ。

予算の目安:2,000円〜

最寄り駅:なし、自動車

TEL: 0740-38-3297
住所:滋賀県高島市朽木栃生275-1

営業時間:10:00〜19:00

定休日:月曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ