読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 2 湯宿 さか本@珠洲市(石川県)

日本料理 料理旅館 松茸 石川県 日本料理編 店鋪情報

f:id:edomae-sushi:20151109200726j:plain

金沢市内から130km以上離れた奥能登にある料理旅館。

「さか本はな~んにもありません。申し訳ありません。いたらない、つくせない宿なのです」

WEBサイトにはそのように書いておりますが、半分冗談、半分本気という印象です。

 

お店は木々に囲まれた静かな場所に、ぽつんとあります。

古くは湯治場として人を集めた珠洲。

f:id:edomae-sushi:20151109200725j:plain

着いた瞬間に期待が高まります。

そして、建物に入るとストイックな空気が漂う古民家で、

畳敷きの部屋はシックな調度品で統一されております。

 

こちらの接客は非常にざっくばらん。

一般的にイメージする「旅館」からは離れております。

泊まらずとも食事で伺っても、「放置感」を感じることが出来ます。

ただ、「放置」と言っても、こちらの宿ではそれが一つの味わいとなっているように感じます。

自然に囲まれた、シックでお洒落な空間。

穏やかな気持ちで、上質な時間を過ごす事が出来るお店だと思います。

この度は旬の奥能登産の松茸を頂くために訪問しました。

さか本さんでは、50数年間松茸料理を提供されてこられたそうです。

 

先ずは松茸の焼き物でスタートします。

f:id:edomae-sushi:20151109200730j:plain

松茸は香りもさることながら、食感が素晴らしい。

上質な松茸は繊維質が奏でる食感が強く琴線に触れます。

上質な松茸の魅力を、高度な火入れで引き出しております。

大根おろしは甘みと辛味が同居しており、松茸の輪郭を強調する。

 

f:id:edomae-sushi:20151109200732j:plain

松茸の土瓶蒸し

鰹出汁が強めですが、それに負けない松茸の香りを楽しめます。

具だくさんな土瓶蒸しで、海老しんじょう、鶏肉、甘鯛。

f:id:edomae-sushi:20151109200733j:plain

主役を張れる食材が集結していながら、絶妙な均衡を保っております。

印象深い土瓶蒸しでした。

 

f:id:edomae-sushi:20151109200731j:plain

松茸の茶碗蒸し

具は鶏肉、銀杏、百合根。

百合根はごろっとしたカット。

出汁は控えめで、土瓶蒸しに続いて穏やかに松茸の魅力を提示する。

 

f:id:edomae-sushi:20151109200728j:plain

松茸ご飯

非常に控えめな味付けで、松茸を活かしております。

米の一粒一粒が香りをまとっており、ただただ心地良い。

塩分を削ぎ落としていながら箸が止まらない。

香りで食べさせる、印象深い松茸ご飯です。

 

f:id:edomae-sushi:20151109200727j:plain

香の物

 

f:id:edomae-sushi:20151109200729j:plain

松茸と能登牛のすき焼き

牛肉は程良い脂で、ぷるるんと柔らかい。

味付けは優しく、甘みが控えめなところが良い。

旨味を吸い込んだ糸こんにゃくは食感良好で美味。

 

松茸をたっぷり頂けるこちらのコースは10,000円ジャスト。

料理の品数は少ないものの、一品一品が印象に残る味わいでした。

なお、泊まりの場合は16,000円で朝食、夕食が付いているそうです。

コースの価格を考慮すると、実に、料理に重きを置いた宿なのだと感じました。

 

店名:湯宿 さか本

食べるべき逸品:奥能登産松茸のコース。

予算の目安:10,000円~

最寄駅:なし、車がベター

TEL:0768-82-0584

住所:石川県珠洲市上戸町寺社15-47

営業時間:要確認

定休日:要確認

※1月、2月は休業です

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ