すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 5 白雲庵@黄檗(京都府)

f:id:edomae-sushi:20151118195246j:plain

日本における三大禅宗のうち、「最も中国的な様式」と言われる宗派・黄檗宗。

日本には1654年に隠元隆琦によってもたらされたので、

国内では比較的若い宗派とも言えます。

 

そして、その黄檗宗とともにやって来た料理こそが、普茶料理です。

同じ精進料理だと大徳寺、永平寺、高野山の系譜もありますが、

黄檗普茶料理は特に中国的なテイストを残し、

肉や鰻を模した料理を作るところが魅力です。

 

参考:大徳寺はこちら↓

f:id:edomae-sushi:20151118195248j:plain

こちらのお店は黄檗宗の総本山である萬福寺の目の前にあります。

萬福寺は確かに建築の随所に中国的なテイストを感じさせ、

存在感のある「三門」は一見の価値があります。

f:id:edomae-sushi:20151118195247j:plain

普茶料理は精進料理と言えども「もてなし」の要素が強く、

こちらのお店も旅館然とした優雅な空間となっております。

窓から見える中庭も中々乙です。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195259j:plain

頼んだのは6,500円の【月】コース。

料理名も変わっており、頂いた順に下記の通りとなります。

 

1. 干菓子、煎茶
2. 澄子(スメ):蘭茶
3. 蔴腐(マフ):胡麻豆腐
4. 雲片(ウンペン):13種類山菜・根菜の吉野煮
5. 冷拌(ロンパン):生麩の時雨煮
6. 笋羹(シュンカン):菜煮の盛合
7. 油滋(ユジ):味付天麩羅
8. 素汁(ソジュウ):後汁
9. 醃菜(エンサイ):香の物
10. 行堂(ヒンタン):季節のご飯
11. 水菓子1:豆乳の杏仁豆腐
12. 水菓子2:野菜の虹色羊羹

 

f:id:edomae-sushi:20151118195250j:plain

干菓子

 

f:id:edomae-sushi:20151118195254j:plain

澄子(スメ):蘭茶

 

f:id:edomae-sushi:20151118195304j:plain

蔴腐(マフ):胡麻豆腐

 

f:id:edomae-sushi:20151118195249j:plain

雲片(ウンペン):13種類の山菜・根菜の吉野煮

ケシの実と松の実の風味がパンチになっている。出汁は椎茸が強い。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195258j:plain

冷拌(ロンパン):生麩の時雨煮

肉を模したカッティングに妙有り。細かいものと粗いものでリズムを

 

f:id:edomae-sushi:20151118195300j:plain

笋羹(シュンカン):菜煮の盛合

 

f:id:edomae-sushi:20151118195303j:plain

「天井昆布」という長い昆布を巻いたもの

 

f:id:edomae-sushi:20151118195301j:plain

鰻もどきは芋を用い海苔で皮を

 

f:id:edomae-sushi:20151118195257j:plain

油滋(ユジ):味付天麩羅

梅干しの天麩羅、蓮根間に味噌を挟みコクを。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195255j:plain

素汁(ソジュウ):後汁

やや強めの昆布出汁。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195305j:plain

醃菜(エンサイ):香の物

 

f:id:edomae-sushi:20151118195251j:plain

行堂(ヒンタン):季節のご飯

桜ご飯。塩漬けの桜から薄紅色を移し、香り豊か。糯米をブレンド。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195252j:plain

水菓子1:豆乳の杏仁豆腐

豆乳の風味が非常に強い。

 

f:id:edomae-sushi:20151118195253j:plain

抹茶、水菓子2:野菜の虹色羊羹

何よりも美しい色合い。

 

頂いた感想としては、

1. 食感を巧みに計算している点、

2. 殊のほか強い味や油も使う点、

3. 生麩の扱いに長けている点

が印象的でした。

一般的に精進料理は「質素」や「淡白」とイメージされがちですが、

普茶料理は輪郭がしっかりしている為、興味本位以上に楽しめる料理です。

 

店名:白雲庵

食べるべき逸品:華やかな精進料理、黄檗普茶料理

予算の目安:5,000円、6,500円

最寄駅:黄檗駅から140m

TEL:0774-32-0700

住所:京都府宇治市五ヶ庄西浦30

営業時間:11:00~16:00(L.O14:00)

定休日:木曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ