すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ和菓子編 No. 44 老松@嵐山(京都府)

f:id:edomae-sushi:20170910202930j:plain

京都には夏らしい和菓子が色々ありますが、

こちらの【夏柑糖】もその一つ。

戦後に主流となった甘夏ではなく、

日本原産種の夏蜜柑を契約農家に作ってもらっているそう。

4月から8月が販売期間ですが、その年の出来高によって変化。

僕は8月下旬に伺いましたが、敢え無く終了しておりました。

しかし、夏柑糖が終了すると代わりに【晩柑】が登場するので、

今回はそちらを頂く事が出来ました。

 

そして、もう一つの名物である【本わらび餅】も忘れてはなりません。

「わらび粉」はわらびの根っこから作られるでんぷん質の粉ですが、

10kgのわらび根から僅か70gほどしか取れないと言われます(0.7%!)。

よって、巷の「わらび餅」はサツマイモなどのデンプン質を使用したものとなり、

こちらのように100%わらび粉を使用したものは貴重な品となります。

f:id:edomae-sushi:20170910202932j:plain

晩柑

グレープフルーツを使用し、【夏柑糖】と同様に中味をくり抜き、

果汁と寒天を合わせ、皮の器に注いで固めた水菓子。

グレープフルーツの軽い苦味が活きている。

そして、果実そのものを想起させる自然な味わいに加えて、

粒を想起させるような口溶けが魅力。

一般的なゼリー程には硬くなく、絶妙な食感となっております。

f:id:edomae-sushi:20170910202933j:plain

本わらび餅

f:id:edomae-sushi:20170910202935j:plain

頂いてみると、極めてトロトロで驚く。

そして、わらび粉の独特な香りも感じる!

提供時、中心部は温かく、オーダー後の作りたてである事が分かる。

f:id:edomae-sushi:20170910202934j:plain

そして、しばらくすると氷水によって食感が変化。

とろけるような食感にもっちり感が付加される。

なので、2つの食感を楽しむために、急がぬよう!

秀逸な食感のわらび餅だが、脇を固める連中も良い。

黒蜜はベタッとしておらずサラッとしており、苦味が良い。

f:id:edomae-sushi:20170910202931j:plain

黄粉も大豆の香りがふわっと漂う。

どちらも自家製されており、黒蜜は通常糖度が80度程のところ、

時間をかけて50度前後に仕上げているそう。

黄粉も国産の大豆をお店のわらび餅仕様に煎っているそう。

f:id:edomae-sushi:20170910202936j:plain

橙糖珠(だいとうじゅ)

嵐山店限定の品との事で、持ち帰りで頂きました。

橙を結晶化させたような美しい見た目。

頂いてみると、橙の香りが広がり、

甘みだけでなく、苦味と酸味もほのかに漂う。

味覚の抑制に優れた和菓子です。

そして、砂糖のガリッとした食感は、

何だか特別な感じで嬉しくなります。

 

店名:老松 嵐山店(おいまつ あらしやまてん)

予算の目安:晩柑648円、本わらび餅1,296円、橙糖珠3個入り756円

最寄駅:京福電鉄嵐山駅から260m

TEL:075-881-9033

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20

営業時間:店舗9:00~17:00、茶寮9:30~16:30

定休日:無休

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ