すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 98 菊水鮓@明石(兵庫県)

f:id:edomae-sushi:20150801111237j:plain

こちらは明石で創業1897年という歴史を持つ老舗のお店です。

明石近海の魚にこだわりつつ、塩は沖縄、山葵は静岡と、

細部に気を配っているところが魅力。

お店の雰囲気もいかにも老舗の鮓店と言った感で、

街場寿司とは一線を画しております。

 

こちらのスペシャリテは【穴子の棒寿司】。

僕は江戸前の穴子だけでなく、瀬戸内の穴子も抜群に旨いと心から思っているため、

非常に楽しみにして訪問しました。

ちなみに、穴子は江戸前、瀬戸内以外ですと、最近は対馬が秀逸です。

 

f:id:edomae-sushi:20150801111238j:plain

こちらの【穴子の棒寿司】(1,700円)は、

オーダーと同時に酢飯に薬味を混ぜられるところがポイント。

大葉、炊いた椎茸、、海苔をたっぷりと混ぜ込み、

播州米を使用した酢飯に馴染ませます。

店内には「鮮魚而美味」と言う言葉が掲げられ、

仕事よりも鮮度を前面に出した印象を抱いておりましたが、

こちらの棒寿司は仕事が個性的で面白いです。

  

f:id:edomae-sushi:20150801111239j:plain

一口頂くと、大葉がフワッと香り、肉厚な穴子の旨味をしっかりと受け止める。

穴子は江戸の「蒸し」とは違う、「焼き」のスタイルで、

これを頂くと瀬戸内に来たなあと思わされます。

煮ツメはしっかりとした味わいで、醤油の味わいが強い。

穴子の風味も含めて濃い味わいですが、

そこは大葉と海苔が上手いことバランスを取っております。

 

見た目的にも味わい的にも個性があり、明石に訪問された際には、

玉子焼き(明石焼き)と合わせて如何でしょうか? 

 

店名:菊水鮓

酢飯の特長:甘みが低く、酢を立たせている。

予算の目安:2,000円〜

最寄り駅:山陽明石駅から188m

TEL: 078-911-3513
住所: 兵庫県明石市桜町11-26
営業時間:11:00~14:00、18:00~21:00 ※土日祝日11:00~~21:00

定休日:木曜

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ