読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

すしログ No. 129 鬼鯖@五島(長崎県)

f:id:edomae-sushi:20160118202803j:plain

食好きの友人たちの評判が良く、以前から頂いてみたかった「鬼鯖」。

初めて聞いた時に、ネーミングがちょっとアレな気がしましたが、

実は五島列島の一つであり、生産元がある福江島の山が「鬼岳」であるために、

五島の海の真鯖を「鬼鯖」と命名したとの事でした。

この度、東京ドームで開催された「ふるさと祭り」に出展されている事を知り、

期待とともに購入する事が出来ました。

 

f:id:edomae-sushi:20160118202804j:plain

こちらの鯖寿司は完全に国産(五島産)の真鯖を使用しており、且つ無添加。

京都の老舗鯖寿司店でもお土産用には混ぜものを使用する事を考えると、

非常に真面目な仕事です。

ラベルは「原材料:鯖、米、昆布、酢、砂糖、塩」とシンプル。

 

f:id:edomae-sushi:20160118202805j:plain

実際に頂いてみても、上質な鯖を丁寧に調理されている事が歴然。

社長が、「苦難は数多くありましたが、他の追随を許さない地元ならではの

魚への鋭い感覚を元に、絶妙な旨酢具合と味加減を開発しました」と

自信をみなぎらせておられるのに納得です。
公式WEB:三井楽水産 - 三井楽水産会社概要

 

f:id:edomae-sushi:20160118202806j:plain

こちらの鯖寿司はかなり浅い〆加減で、生に近い、しっとりした食感。

噛みしめると鯖の中心部から脂と香りが滲み出てきますが、

〆加減のみならず鯖自体の脂、風味も上品でさっぱりしております。

また、〆の酢に鯖以外の旨味を感じたため調べてみたところ、

独自開発した「旨酢」を使用されているそうです。

酢飯の甘みが低い点も好印象で、酸味も穏やかなので、鯖の仕事に合っております。

 

f:id:edomae-sushi:20160118202807j:plain

そして、こちらの鯖寿司は、なんと鯖が二段重ねになっているところが最大の特徴。

クセの無い鯖を使用し、浅い〆加減だからこそヘヴィにならずに幾つも頂けます。

自身の鯖の事を知り尽くした、もはや鯖への愛情すら見え隠れする程の鯖寿司です。

甘酢に漬けた白板昆布は、当初甘みが気になりましたが、

複数頂いていると逆に名脇役に思えてきました。

 

頂いていて少し気になったのが包丁の入れ方が拙い点。

酢飯を両断出来ていない箇所があり、

前後はカッティングが大き過ぎてさながらおにぎり状になっておりました。

鯖の質と仕事が良いので、改善されればより完成度が高くなるでしょう。

 

鯖好き、光物好きな方は是非とも食されてください!

五島は気合を入れなければ行けないかもしれませんが、

幸いにも公式サイトに物産展情報が掲載されております。

 

店名:鬼鯖

予算の目安:1本2,700円(税抜き)

上記住所とマップは本社ではなく、小売店舗となります。

最寄駅:なし、車がベスト

TEL:0959-72-3960

住所:長崎県五島市木場町241-3

営業時間:9:00~17:00

定休日:不定休

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ