読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ鮨の食べ歩きを開始。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視しております。江戸前鮨だけでなく、上方の寿司や郷土寿司も大好きです。鮨と密接な関係にある日本料理、郷土料理の名店も紹介していきたいと思います。

すしログ日本料理編 No. 12 魚信旅館@尾道(広島県)

日本料理編 日本料理 店鋪情報 広島県

f:id:edomae-sushi:20160116084808j:plain

尾道と言えば、瀬戸内海の港町の中でも特に風光明媚な土地として知られる。

数々の文学作品や映画に登場し、

小津安二郎監督の「東京物語」や大林宣彦監督の「時をかける少女」など、

今観ても全く色あせない劇中の風景は、若い方の心も惹きつけております。

最近では、NHKの連続テレビ小説「てっぱん」や、

第1回広島本大賞を受賞した光原百合氏の「扉守」、

鎌谷悠希氏の漫画「しまなみ誰そ彼」など、

従来とは異なる角度から描写され、魅力を高めております。

尾道は、前にはキラキラと光る瀬戸内海、振り向けば寺院が佇む山と坂道。

海は対岸の向島までの距離が近いために「尾道水道」と呼ばれ、

芳醇な海の幸を生み出す。

f:id:edomae-sushi:20160116084815j:plain

石畳や坂道を歩けば何処からともなく猫が現れ、

自由気ままに石垣の隙間に入ってゆく。

f:id:edomae-sushi:20160116090046j:plain

 ただ歩くだけで心が洗われていくのが、尾道の魅力です。

そのような尾道にあって、こちらの魚信旅館は「尾道水道」の美しい風景と、

そこで育まれる美味しい食材を楽しませてくれる料理旅館です。

 

f:id:edomae-sushi:20160116084807j:plain

外観は圧倒的な存在感を放っておりますが、

価格は意外にもリーズナブルで、珍しい名物料理を頂く事が出来ます。

その名物料理とは、オコゼ料理。

オコゼ(鬼虎魚)はカサゴ類の魚の中でも最も高級で、

グロテスクな見た目とは裏腹に繊細な魚味を内包。

「夏フグ」と呼ばれるほどに上質な旨味と繊維質を楽しませてくれる魚ですが、

こちらでは夏以外のシーズンでも、びっくりするほど美味しいオコゼを頂けます。

中でも、【オコゼのフルコース】は同じオコゼを頂いているとは思えない幅の広さで、

オコゼを食べた事の無い人、オコゼを好きな人の両方が満喫出来る内容かと思います。

 

f:id:edomae-sushi:20160116084811j:plain

料理は全て個室で頂く事が出来て、海に手が届きそうな空間です。

建物は築100年を超える建築で、

内装も現在では珍しい職人さんの手による木製の施工なので、

特別な日を彩るには申し分ない雰囲気。

特別な日でなくとも、パートナーとの休日の食事、両親との会食など、

様々なシチュエーションに使えるお店です。


先付は【オコゼの煮凍り】から始まります。

f:id:edomae-sushi:20160116084818j:plain

濃厚なゼラチン質の甘みに、冒頭から魅了されます。

お酒は酔心の「ぶなのしずく純米吟醸」をチョイス。

 

続いて【オコゼの薄造り】。

f:id:edomae-sushi:20160116084822j:plain

オコゼが持つ独特の香りを堪能する事が出来、

食感はプツンと切れて、ふるふると程良い反発を示す。

噛みしめるとふわっと甘みが広がります。

「夏フグ」などと呼ぶのは失礼で、フグとは異なる魅力があります。

 

【オコゼの煮付け】

f:id:edomae-sushi:20160116084819j:plain

包丁の入れ方に妙があり、適切に火入れがなされ、しかも食べ易い。

生で頂くよりも凝縮された、ねっとりとした旨味と身が魅力。

f:id:edomae-sushi:20160116084820j:plain

味付けも繊細で、魚の中心部は柔らかに火が入っており、

ふんわり軽やかな煮付けとなっている。

 

【オコゼの空揚げ】

f:id:edomae-sushi:20160116084817j:plain

恐らく米粉で揚げられており痛快な食感。

今までの料理よりも高温にさらす事で甘みが強くなっている。

そして、身と骨は別々に揚げられているが、カリッと揚げられた骨を噛みしめると、

身よりも芳醇な香りを楽しむ事が出来る。

低温で火入された美しい翡翠色の銀杏も美味。

 

【オコゼの蕪蒸し】

f:id:edomae-sushi:20160116084823j:plain

蕪の甘みが付加され、良き口直しとなっている。

出汁の塩梅も良く、オコゼの繊細な甘みと柔らかさを活かす。

 

【オコゼの赤出し】

f:id:edomae-sushi:20160116084821j:plain

椀もオコゼで嬉しい。赤出しにじゅんさいが使用されているところが面白い。

 

【雲丹ご飯】

f:id:edomae-sushi:20160116084816j:plain

日によって産地を使い分けているとの事で、訪問の際は地物ではありませんでしたが、

尖ったところはなく少量ながらに満足。

 

【水菓子】

f:id:edomae-sushi:20160116084824j:plain

大林監督が愛した喫茶店「茶房こもん」のバニラアイス。

 

総じて、調理が難しいオコゼを多様な包丁と味付けで千変万化させており、

専門性の高い職人技術を感じました。

女将さんにお話を伺ったところ、「若い方は少ない」との談でしたが、

外観にひるまず訪問される事をオススメします。

僕自身、尾道を散歩していると、「もの凄く格式の高そうな旅館だな…」と思っておりましたが、

実際に伺ってみると、温かみのある接客と寛げるお部屋にイメージを一新されました。

広島県民も県外の人も一度伺ってみて損のないお店だと感じます。

また、コスト的にも料理の内容とサービス(コース料金込)を考慮すると、

かなりリーズナブルだと感じます。

 

【おまけ】店内写真

f:id:edomae-sushi:20160116084810j:plain

f:id:edomae-sushi:20160116084811j:plain

f:id:edomae-sushi:20160116084809j:plain

f:id:edomae-sushi:20160116084813j:plain

f:id:edomae-sushi:20160116084812j:plain

f:id:edomae-sushi:20160116084814j:plain

 

店名:魚信旅館

食べるべき逸品:オコゼのフルコース

予算の目安:5,000円~10,000円

最寄駅:尾道駅から1,400m

TEL:0848-37-4175

住所:広島県尾道市久保2-27-6

営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00

定休日:不定休

※完全予約制

 

東京物語 [DVD]

東京物語 [DVD]

 

 

時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]

時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]

 

 

連続テレビ小説 てっぱん 総集編 [DVD]

連続テレビ小説 てっぱん 総集編 [DVD]

 

 

扉守(とびらもり)

扉守(とびらもり)

 

 

しまなみ誰そ彼 1 (ビッグコミックススペシャル)

しまなみ誰そ彼 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ