すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

すべての鮨好きに送るブログ。日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介!

すしログ日本料理編 No. 113 鳥栄@湯島

こちらは前々からお伺いしたかった、東京が誇る老舗鶏鍋店です。

f:id:edomae-sushi:20171216123326j:plain

創業は1909年(明治42年)まで遡り、看板メニュー一本で勝負されております。

冬は予約のハードルが非常に高いため、中々伺えずにおりました。

この度、嬉しいお誘いを頂き念願の訪問が叶った次第です。

f:id:edomae-sushi:20171216123325j:plain

お店は湯島の怪しいホテル街にありますが、

建物は貫禄ある昭和建築で、どっしりと威風を放っております。

前を通る度に気になっていた、風情溢れる外観です。

そして、外を通ると、店内から特徴的な音が聞こえてきます。

トントントントン…

何かを包丁で叩く音。

何とも気になる音は、こちらの名物である【つくね】を作る音です。

 

お店に入ると昭和の雰囲気を残す形でリフォームがされており、綺麗で清潔。

お部屋は3部屋のみで、各部屋こぢんまりとしており、温かみがあります。

f:id:edomae-sushi:20171216123332j:plain

腰を落ち着けると、炭火の熱がジリジリ伝わり、

寒い日でもすぐに身体が暖まります。

逆に、夏に伺うと窓が開けられないため、覚悟された方が良いようです(笑)

 

さて、こちらの御料理は前述の通り一本のみで、

7,000円のコースとなります。

お酒も瓶ビールと菊正宗程度と、多くの東京の老舗と同様。

 

こちらが使用する鶏は主に東京軍鶏(飼養期間は約120日~150日)で、

千葉の若鶏(飼養期間は約100日)も使用されているそうです。

席に座ると、程なくして先付が供されます。

f:id:edomae-sushi:20171216123335j:plain

そして、次にメインの鶏肉が登場。

f:id:edomae-sushi:20171216123334j:plain

部位は胸肉、もも肉、心臓、砂肝、肝臓など。

最初の鍋は作って頂けますが、その後は各々気ままに頂きます。

f:id:edomae-sushi:20171216123337j:plain

モツ類は「じっくり茹でて」との事で余り魅力を引き出せておりませんでしたが、

個人的には胸肉が鶏肉としての個性を感じさせる味わいでした。

しかし、何よりもこちらのお店を特徴づけるのは、その調理法。

澄んだ清水のような出汁でシンプルに頂く鶏は、

他にあるようで無い味わい。

極限までサッパリした味わいの鶏鍋で、斬新です。

醤油ベースのこってりした鍋が多い東京では、稀有だと感じます。

f:id:edomae-sushi:20171216123333j:plain

鶏スープもシンプルで、鶏の旨味をストレートに味わえる。

肉を頂いた後は、前述の「音」の正体である【つくね】が登場します。

f:id:edomae-sushi:20171216123330j:plain

こちらは液体のように滑らかで、頂く前に驚く事は必至。

極限まで叩かれた鶏肉と卵が一体化し、とろけるような食感を実現しております。

f:id:edomae-sushi:20171216123331j:plain

最後は、つゆ掛けご飯で〆。

f:id:edomae-sushi:20171216123328j:plain

塩や醤油で各々味を付けて頂きます。

f:id:edomae-sushi:20171216123329j:plain

f:id:edomae-sushi:20171216123336j:plain

香の物にMSGが利いていたのと、塩のクオリティが低い点は残念…。


この雰囲気と上品な味わいは、他の老舗では味わえない魅力だと思います。

 

店名:鳥栄 (とりえい)

食べるべき逸品:1909年より続く、秘伝の鶏鍋

予算の目安:コース7,000円

最寄駅:湯島駅から350m

TEL:03-3831-5009

住所:東京都台東区池之端1-2-1

営業時間:18:00~21:00

定休日:日曜、祝日

※完全予約制です

 

ご参考になりましたら幸いです!

にほんブログ村 グルメブログへ