読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

寿司、鮨、鮓…スシに魅せられた男のブログ。鮨が大好きだ!と確信して以来、全国に及ぶ食べ歩きを行っております。江戸前鮨ではシャリの美味しさと仕事との調和を重視。鮨と密接な関係にある日本料理や郷土料理の名店も紹介。実は若輩者ですが向学心と感謝の念を忘れずに続けていきたいと思います。

鮨ログ【コラム】 ブログを開設するにあたって

コラム

僕が当ブログを立ち上げようと思ったきっかけは、非常にシンプルです。
すなわち、僕にとって鮨が最も美味しい日本料理だからです。

思い起こせば、社会人になって早々、カウンターで頂いた時から魅了されました。

小さな握り。

それが口の中ではじけ、複雑で煌びやかな味わいを織りなす…

噛み締めるごとに幸せな気持ちになり、心が温かくなっていきました。
少しカッコ良く言えば、握りに込められた職人さんの魂に、自分の魂が震えました。

とは言え、鮨は「特別な料理」でしたので、頻繁に行くことはありませんでした。
コストの問題もあるし、空間的に「特別」だと考えていたのです。

しかし、時が経ち30の頃に頂いた時、圧倒的な美味しさに再び感動を覚えました。

他の料理もたくさん食べてきましたが、鮨以上に心を揺るがされ、感動出来る料理は無い…

自分は鮨が大好きなんだ…

そう認識した時から、鮨の食べ歩きをしたい欲求がふつふつと芽生えたのです。

よくよく考えると、鮨は確かにお高いものの、

普段の外食や飲み会を見直せば、お金を捻出することができます。
付き合いの飲みや気乗りしないお店での食事を断るとともに、
自炊率を高めて弁当を作れば、月に数回鮨に行けることに気付きました。

 

鮨を、高級で中々行けない「特別」な存在にしておくには勿体無い。

世間に鮨の魅力を伝えて、もっと皆が気軽に鮨を食べれるようにしたい!と決意しました。

鮨にはそれくらい他の料理に無い魅力があるし、

皆が鮨に行く回数が増えれば、鮨が更に進化するだろうと…。

それから食べ歩くこと数十軒。
ある程度タネの比較やシャリの分析が出来るようになったため、
やっとこさブログを立ち上げることにしました。

このブログでは、新規店の開拓と共に、気に行ったお店の定点観測を行っていきたいと思います。
また、東京以外でも美味しい鮨屋があるならば、積極的に巡っていきます。

 

当ブログが、老若男女問わず鮨を更に好きになるような存在になれば幸いです。